MMO「RED STONE」Black Opalで活動するWizの日記
http://pervenche.blog70.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
空を見上げて
2012-09-30 Sun 17:27
とりあえず目標らしきものは設定してみましたが、いかんせん平日はなかなか狩りをしたり装備を探したりする時間が取れず、結局先週と全く同じ装備で二度目の攻城戦に挑むことになったキルペリク。
今回はホールLv3の攻略戦ということでその点かなりの懸念が・・・というよりも懸念以外のものを見つけることが既に難しくなっている現状ではあります・・・。

仕事の都合で開始時間に間に合わず15分ほど遅れてINしたところ、既に戦闘は紋章をめぐっての攻防となっていました。遅れをとったキル君、片翼も折れよとばかりに全速力で紋章に向けて突撃します!

散る・・・。

そして散りました・・・。

あっという間に全ての復活の巻物を消費し尽くしたキル君ですが、まだまだあきらめません。一度ホールに戻って再度出撃です!

今度は前回の轍を踏むまいと、紋章に一直線に近付くことなく相手陣営の外縁部からの攻撃を試みます。

必殺ホーリークロス!

射程距離に入ったところで攻撃開始です。
外縁部を守備するシフさんに向けて、ホーリークロスの一撃を放ち・・・

またも散る・・・。、

そしてまたも散ります・・・。
相手のシフさんの前に正しく瞬殺でございましたw

こんなことを何度も繰り返し、それでも懲りずに再度の突入を開始したところで

攻城戦終了

攻城戦終了のお知らせが・・・。

味方は勝利したものの、結局今回も復活の巻物を大量消費しただけで終わってしまったキル君、果たしてまともな活躍をする日はやってくるのでしょうか・・・?

本日のBGM:RATT 『REACH FOR THE SKY』
スポンサーサイト
別窓 | ポイント戦・攻城戦 | コメント:0 | トラックバック:0 
ホールLv2攻略戦(しかし貢献度は・・・)
2012-09-23 Sun 09:39
移籍していきなりですが、キルペリクは攻城戦に参加することになりました。

実を言うとキルペリク、対人戦は当面想定していなかった為、装備がとんでもないことになっています。
銀行とソロギルドの倉庫を探して何とか対人戦に使用できそうな装備をかき集めたものの、ようやく防御600・HP4800という貧弱さ。
抵抗に関しては、攻城戦フィールドならば火・水は何とか許容範囲にまで持って行けましたが、異常抵抗については状態系・低下系・呪い系とも、ネクロさんの死香と霊術師さんの魂切り片方ならともかく、両方同時にやられたら完全に詰みですw

ましてやお相手は無制限ギルド戦に参加している強豪さんということで、ギルチャではこんな話が・・・

嵐の前
(プライバシー保護の為、一部名前を伏せてますw)

ハイ、許してはもらえませんね。

ということで覚悟を決めて参戦です。

が、3年ぶりの対人戦、しかも過去に対人戦は2度しか経験したことのない天使ということですっかり舞い上がってしまい、戦闘中のSSは全く取る余裕がありませんでしたので、経過は文字だけでw

準備に手間取ってしまった為、開始時間ぎりぎりに攻城戦フィールドにIN。戦力に余裕がないので大手門に戦力を集中して突破の命を受けます。

スタートと同時に相手戦力と接触。交戦しつつ大手門へと進みます。が、ここで誤算。運良くというか悪くというか、キルペリクが相手の戦線をすり抜けてしまいます。しかしながら反転して戦列に戻ったとしても即死は必至。ここは方針には反することになるかもしれませんが、搦手へ迂回して正面戦力を吸引する道を選びます。

剣士さんと天使さんがついてきてくれましたが、やってることは同じでもスティリコの時のような余裕は全くありません。今の対人戦は移動速度も大事と聞いてましたので、エア+ストライダーを装備し「我に追いつくグラマンなし」とかやりたかったですが、この程度の装備では無理でしたね。簡単に追いつかれ、門の前で足を止めた瞬間に撃墜ですw

復活の巻物は多めに持ってきてましたので、とりあえず時間稼ぎに復活しては倒され~を繰り返している間に、どうやら味方は大手門の突破に成功した様子。応援に来てくれたシフさんとWizさんに門を開けてもらい、搦手から城内に入って右サイドの拠点を目指します。

しかし、ここでも相手に発見されると同時に撃墜・・・。Lvも装備も遠く及ばない己の姿に悲哀さえ感じてしまいますが、いつまでも寝てはいられません。まあ、起きた瞬間にまたあっさりと倒されるんですけどね・・・w

寝て起きてを繰り返すこと何度か、その間にキルペリクを除く他のメンバーの活躍で右拠点の破壊に成功。戦場は紋章前へと移動していきます。そしてキルペリクも後を追って紋章前へ。

とはいうものの紋章前でもやはりいいところなしw
何しろLv差が大きくてまともに接触すればその瞬間に倒されていましたから・・・。復活の巻物の減り具合から逆算すると最初から合計で37回死んでしまった模様です。そんな訳ですから、紋章への直接攻撃は不可能。倒されてはすぐ復活し、少し離れてCPを補充してから反転、数回範囲を撃っては倒されて~とやっているうち、最初は復活と同時に飛んできて追撃してきた相手火力さんが紋章前から大きく離れることがなくなり・・・

ホールLv2

攻略成功となりました。(さて、キルペリクは何をしたんだろうか・・・w)

本日のBGM:TOTO 『HYDRA』
別窓 | ポイント戦・攻城戦 | コメント:0 | トラックバック:0 
空しい・・・
2009-10-04 Sun 08:17
ポイント戦自体はあまり良い結果は残せなかったのですが、ホールRank2への挑戦権は得ることができました。

091004-01

今週もBis不在で1PTにも満たない寡兵という状況です。

結果から書きますと、残念ながら攻略は失敗。今回は個人的な心境で内容は端折りますが、3倍の動員を持つ相手に対して、時間の大半を烈火で封じられ、周りを相手に囲まれたまま、こちらのLv低い人が向こうの時間つぶしの遊びに使われるのを傍観せざるを得ない状態で過ごすと言う、非常に胸の悪くなりそうな展開で終わってしまいました。(色んな映画の家族や友人が目の前で殺される場面だけを抽出してリピートで無理矢理見せ付けられている心境でした。)

物資が余っているなら、自分に対して2PTだろうと3PTだろうとかかってくればいいんですよ・・・。透明は装備してませんから、どんなにLv差があっても見える筈ですし。それで自分が倒されれば、それは単に自分の力不足ということで納得がいくんですが、今回みたいなのはどうもねえ・・・。

まあ、それが作戦だと言われればそれまでですが、戦力差を考えれば、そんな作戦を取る必然性皆無ですけどね。こういうやり方が今のRSの主流だとしたら、あえて自分が続けることもないかなあ。古い気質の人間にはますます居所がなくなりそうです。
別窓 | ポイント戦・攻城戦 | コメント:0 | トラックバック:0 
人海戦術
2009-09-27 Sun 08:54
ポイント戦は2度とも失敗、今回もホールRank3への挑戦は果たせず、防衛戦となってしまいました。

最近ますますRSから足が遠ざかってしまってますので、相手ギルドさんの情報はほぼ皆無に近い状態。リサーチをしている時間もありませんでしたので、開始10分前になってから直接登場ポイントへと偵察に向かいます。

はっきり職まで確認できたのはランサさん1、武道さん4、ネクロさん1、リトルさん1、Wizさん2、Bisさん3ほど。こちらの視界に入らないところにも何名か潜んでいる様子で、優に2PTはある模様です。とりあえず凡その戦力が判明した時点で後退し、開戦に備えます。

090927-01

対するカバの側の動員はSSの5名+臨時GMとしてガーディアンの配置に城内を駆け回るひまわりさんの6名という陣容。判明している戦力を比較しても、人数は半数以下、しかもBis不在という状況で劣勢は否めません。

開始と同時に相手ギルドさんの戦力が一気に大手門に押し寄せます。カバ側も応戦するものの、完全に波に飲み込まれた状態で、効果的な対応を取ることができません。柔らかい人、抵抗のない人も見受けられますが、狙いを絞る前に人数で一気に押し切られる感じです。戦力差を考えれば全く正しい戦術だなあ、とどこか他人事のように考えたところで大手門が破られ、相手ギルドさん、勢いの赴くままに城内に雪崩れ込みます。

抵抗らしい抵抗を試みる間も無く各拠点を破壊されて、戦場は紋章前へ。及ばずとも最後の抵抗といきたいところです。抵抗がない人が多く見られましたので、花+キャノンで相手戦力の一部なりとも後退に持ち込みたいところですが、ウルさん、纏さん不在ですので、今回は大人しく回復に専念です。

前回、ひまさんと二人で味方同士お互いの裏をかく動きをしまくるというややこしいことをしてしまいましたので、その反省から、今回は紋章脇に陣取って「武田信玄不動の本陣」よろしくアスヒを配っていたのですが、早速ネクロさんに目をつけられて連続して烈火を受けてしまいます。といって動きまくってもまた前回と同じことをしてしまいそうですので、折衷案として、歩く状態にして少しずつ移動しながら補助回復を行うという方法を取ります。

これで何とか烈火による妨害は和らいだものの、それはあくまでも個人レベルでのこと。紋章周辺を埋め尽くすような数の差には妙手もなく、開始から10数分で陥落となってしまいました。
別窓 | ポイント戦・攻城戦 | コメント:0 | トラックバック:0 
ジレンマ
2009-09-20 Sun 12:11
予想していなかったことですが、ポイント戦、20位以内で通過しました。

やはり全体の人口が減ってしまって、十分な活動ができないギルドさんが増えているせいなのでしょうか。運営もようやく重すぎる腰を上げますと宣言したようですが、あの文面だけでは何とも言えませんしね。よほどユーザー離れが深刻になってきてそれが会議の議題として俎上に上げられてしまったのか、第3四半期の締めを迎えて(GameOnは12月決算)数字を稼ぐ必要性に迫られたのかは不明ですが、責任を回避してさも恩恵を施すような姿勢を貫いているのは相変わらず。体裁のいい文章の行間から渋面が垣間見えるような気がします。

閑話休題。

今回は攻城戦が題材ですw

090920-01

カバ軍団の動員は6名。他のギルドさんなら集まりの悪さを嘆くところですが、他のギルドさんとカバ軍団最大の違いは、この人数でも「まあ、普段どおりかな」とみんなが思ってしまえるところでしょうか。やたら行動的な(落ち着きなく動き回る)人が含まれていますので、以前7人しかいなかったにもかかわらず、同数の相手から向こうはこちらの倍以上いたとブログに書かれていたりもして、実数以上に見られることもしばしばですが、実情はこんなもんです。(カバ軍団で2PTを構成した-と言ってもようやく2桁に乗った程度ですが-ことは皆無ではありませんでしたが、内部からの感想を申しますと、通常2PTのギルドの筈がいきなり30人以上の動員を確保した、というのと同じぐらいのインパクトがありましたw)。

人数が人数ですので時間をかけることもなく補助を終わり、当然入り口で阻止を考えるであろう相手ギルドさんを待ちますが、開始直前になっても姿は見えず。もしかすると先方も動員の確保に苦慮しているのかも・・・と考えながら、開始時間を迎えます。

二手に分けるようなことを考える人数ではありませんので、ひたすら大手門へ直進。もし相手ギルドさんの動員が芳しくないようなら、そのまま直線的に突破できるかも、と若干希望的観測を交えて門の前に到着しますと・・・相手ギルドさん、結構沢山いましたね・・・^^;。ざっと1PT半といったところでしょうか。

大手門前での乱戦となりますが、相手ギルドさんの士気が高かったですね。物資を豊富に投入し、人数の優位を生かして圧迫してきますので、門の攻撃に専念できません。すっかり正面衝力を奪われてしまったカバ軍団ですが、ここでウルさんが機転をきかせ、相手ギルドさんが正面の守備に戦力を集結させている隙をついて右に迂回。コールで一気に運んでもらって、守備兵のいない搦手を全力で攻撃します。

一方の相手ギルドさんもこちらが搦手を攻撃していることに気付き、戦力を二分して、門の内側に半数を配備し、半数が背後から攻撃の姿勢を見せます。妨害を受けつつも門の耐久力が残り1/3程度となったところで、相手ギルドさんの作戦なのか単なるミスなのか、いきなり門が開き、つられてこちらの半数が城内に入ったところで門が閉ざされるという状況が発生します。

私も中に入ってしまったものの、引き返して城門を内側から攻撃して外の味方との合流を目指すべきか、それとも城内に入り込んで拠点の攻撃に向かうべきか、一瞬判断に迷いますが、門の内側に待機している相手ギルドさんの戦力を吸引するほうが是と見て独り逆サイドの拠点に向かいます。(纏さんがいなくて1Wizなのに何をしてるんだか、というお叱りを受けそうw)。

相手ギルドさん、二分した戦力のうち主力のアチャさんを含む1PTをこちらに向けてきますが、私も味方の増援を得て、双方の半数が右側の拠点に集まる形となります。こちらが今度は焦点になるのかなと思いきや、膠着状態になっている間に、外側に残された形となったカバ側戦力が搦手を突破して左側の拠点を攻撃・破壊し、更に中央と紋章に向かった模様。相手ギルドさんがこれに対応してこちらに割いていた戦力を徐々に後退させてくれたおかげで、苦戦しつつも右側の拠点の破壊に成功します。これ、最初から意図していたものなら、リデル・ハート先生からマールバラにも匹敵する間接アプローチのお手本と賞賛されるかも知れませんが、全て偶然の為せるものですw

090920-02

そして紋章前での総力戦。これまでの戦闘で、相手ギルドさんの柔らかい人がほぼ把握できていたこと、高Lvらしき方でもBisさんのアーチ・ミラー完全依存で抵抗が備わっていないこと、そのBisさんも少なくとも片方は抵抗がないこと、2PTにWizさんが一人の為に複数が攻撃を同時に受けた場合には対処し切れないこと、というのがはっきりしてきましたので、取り囲まれた状態でも比較的落ち着いた対応ができました。

ネクロさん二人の烈火に苦労しながらも、Bisさん・Wizさんの補助が届く位置にいると全員が花+キャノンの範囲に入ることになってしまい、それを嫌って外に出てしまうと逆にモロさん・クリフさんの狙い撃ちの対象になる、というジレンマに相手ギルドさんを追い込むことに成功します。ウルさんが落ち着いて紋章横に構え、ひまさんが紋章破壊に専念してくれたおかげで戦況はカバ側優勢から勝勢に。相手ギルドさんの抵抗は徐々に下火になり、攻略成功となりました。
別窓 | ポイント戦・攻城戦 | コメント:0 | トラックバック:0 
| Wizのうわごと、天使のたわごと | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。