MMO「RED STONE」Black Opalで活動するWizの日記
http://pervenche.blog70.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
封殺
2008-12-08 Mon 21:54
日曜日、恒例のギルド戦です。

081208-01

戦場は蛇目。
魔法抵抗が最も下がるフィールドですが、それは相手も同じ。問題はその相手の戦力ですね。

081208-02

日付が違っているのはご愛嬌。TOPのLvは現在にあってはさほど高いほうとは言えませんが、このギルドさん、攻城戦でもホールLv4まで上がったり、かなり強いところなのです。見たところ、500台でしっかり中核戦力を固めている様子です。
一方のリアルボはというと、人数が少ない為に私のようなのがいると一気に平均Lvが引き上げられる訳ですが、実際の戦力は400台前半が過半を占める状態。正面から当ると劣勢は否めないところですね。

とはいえ、先週は12人という最大動員数を達成したリアルボ。今週新しく加わってくれたメンバーもいることですし、いつものメンバーが集まってくれれば・・・

081208-03

ベケさんはこの日INせず、REDFIELDさんはメインのGvが重なってしまい、ユリムさんは再起動~ロードが長引いて間に合わずということで、この人数となりました。10人という人数というのは、このギルドにとっては決して少ない人数ではありませんが、相手に比べると陣容の薄さが気になります。

この10人を、第1PTにウルさんを中心とした7人、第2PTにラヴさん、ヒナっちさん、私の3人に分割して編成します。第1PTに入った某ひまさんが「生贄から脱出できた」主旨の発言をしておりましたが、それはスルーしておきましょう。きっと来週は当人の期待通りの配属になると思いますし・・・。

スタートと同時に補助を終え、横に細長い戦場を右へ右へと進みます。
そして中央よりも右寄りで、慎重に陣を構えて進軍してきた相手と接触。正面より全面戦闘となります。

正面からぶつかると、戦力の厚みの違いがダイレクトに響いてきますね。ドラツイ、雨と範囲を被せられた後、物理で仕留められる人が続出します。
ドラツイはグラフィックで見える以上に範囲が広いので注意するよう促してはいたのですが、予想以上に範囲が広かったです。どの程度まで範囲があるのか最初の接触で測っていたのですが、ドラツイの範囲から逃れても雨からは逃れられず、やや戦列が乱れたところを物理火力が畳み掛けてくるため、支えきれず一気に戦線崩壊となります。

ウルさんが何とか戦域を離脱して建て直そうとするものの、相手のマークが厳しく脱出できない状態。しかも見張りに丸々1PTを割かれてしまっては、隙を見て巻物を使うことも容易ではなさそうです。そこでヒナっちさんに第1PTに移動してもらい、第1PTを2Bis編成にしてようやく一時退避に成功します。

しかしながら、あくまでもそれは一時退避に過ぎず、すぐに追撃してきた相手との戦闘になります。何とか対抗しようとしますが、一方的に押しまくられる展開は変わらず。後退しては追撃を受けて崩れ、逃げて建て直しを図っている途上で捕捉されては再度後退、の繰り返し。
結局最後までワンサイド・ゲームの様相で終了となりました。

0812-8-04

私もかなり今回は動きが散漫になってましたね。表示やスキル発動のラグを嫌って乱戦から外れたところを天使や相手火力に目をつけられて粘着され、結局味方からも離れて過ぎてしまうという状況が多々ありました。
このあたり、以前に比べてこらえ性が無くなって来た気がします。中軍で腰を据えて防勢に徹し、相手の包囲に耐えるということも今一度思い出さないとダメですね。

本日のBGM:KARFAGEN『THE SPACE BETWEEN US』
スポンサーサイト
別窓 | ギルド戦 | コメント:0 | トラックバック:0 
再戦を待つ日
2008-12-01 Mon 22:21
朝目が覚めると、Gvの予定が入っていました。
ただし、相手は未定・・・。

ラヴさんは仕事の予定が入っていたらしく、先入れして出掛けた模様です。狩りをしながら、時折ウィンドウを開いて様子を伺いますが、なかなか対戦相手の申込がありません。結局対戦相手が決まらないまま、昼近くに・・・。
今日はGvは流れそうだなと思いつつ、ログアウトして食事に出掛けます。

食事を終え、適当に買い物と掃除を終えて再びログインすると・・・

081201-01

対戦相手が決まってました。
アリアンでGMさんらしき人がメンバー募集看板を出していたので、当方の情報を耳に残して放置し、早速情報収集に。残念ながら目ぼしい情報は得られず、相手からの返答を待ちます。

しかしながら、相手からの返答はなし。
全く相手の情報がないまま会場へ向かいます。まあ、それなりに名前は知られたギルドさんですので、少なくともリアルボと同等以上の戦力は保有しているだろうとの前提で、補給物資は満載。DX品も全て100%に補修しておきます。

会場で待機中、ようやくラヴさんが相手とのコンタクトに成功します。
が・・・

相手は3人しか集まっていないとのこと。
一方リアルボは・・・

081201-02

何故か集まりがいいのですw
Gv直前に加入して参戦してくれたうしーさん、久々参戦のREDFIELDさんを加え、12名という私がリアルボに加入して以来の最高動員記録達成です。

いつも通り、ウルさんを中心とした主力部隊をまず編成し、続いてラヴさん、うしーさん、ひまさん、私という4人で第2PT、自称囮部隊を編成します。新加入のうしーさんをいきなり囮部隊に編入するという大胆さ。うん、それでこそリアルボですw

スタートと同時に、広いソゴムをひたすら東へ。
3人とは聞いていましたが、実際に把握されていない人数があったり、直前に駆け込みでINした人がいる可能性も否定できませんので、四方への警戒は怠らないようにします。
そして中央東寄りの高地にて相手と接触。

081201-03

相手ギルドさん、本当に3人でした。
どうも今日は特別集まりが悪かったみたいですね。私が耳を残したGMさんも不参加でした。

ラヴさん、ちゃっかり再戦の約束をしてしまったようですが、今日参戦して頂いたお三方は多分同Lv帯の中でもかなり強いような印象を受けました。これで相手側が普段通りの集まりで四つに組んだら、リアルボの現有戦力で対抗するのはかなり厳しい気がしますが、大丈夫なんでしょうか・・・^^;

本日のBGM:THIN LIZZY『RENEGADE』
別窓 | ギルド戦 | コメント:0 | トラックバック:0 
カバ軍団帰投セズ
2008-11-26 Wed 22:18
日曜日は都合の悪い人が多く、月曜日は祝日ということで、今回のGvは月曜日に組まれました。

081126-01

こちらの参加状況次第では拮抗したいいGvができそうな感じです。
戦場が湿地ですので横に広がることはできませんが、うまく正面に戦力を集中して戦いたいものです。

そしてフィールドへ。

081126-02

纏さんが間に合わず、今回の参加人数は9人となりました。
PT編成で悩んだ結果、やや支援が薄くなってしまいますが、ラヴさんと私で分遣隊を作り7+2の編成とします。

開始と同時に手早く補助を終え、ひまさんを先頭に一路中央の橋へ。
PT編成が遅れたせいで相手に出遅れることを懸念しておりましたが、どうやら先に中央へ進出できた模様。ひまさんが橋の向こう側へ進み、相手の様子を伺います。

どうやら相手は一本向こう側の道で待機してこちらの動静を見ているみたいです。1PTほどの人数が確認できたところで、ラヴさんと私が威力偵察を行うことにします。移動している途中で相手の人数は2PTとの報告が入りますが、2PTなら予想通り。構わず前進します。

しかし、いざ接触してみると、そこには優に3PTを超える人数が・・・。
やや距離を置いて待機していたのは、こちらの様子見が目的ではなく、後続部隊が揃うのを待っていたせいだったようです。予想に倍する戦力にたちまち一蹴され、ほうほうの体で退却します。

何とか自陣に逃げ戻ることはできましたが、相手が一丸となって追撃の勢いをそのままに雪崩れ込み、一撃でこちらはほぼ壊滅状態に。先鋒の退却がそのまま全軍の崩壊に繋がる最悪のパターンになってしまいました。何度か建て直しを企図するものの、完全に頭を押さえ込まれて手も足も出ない状態です。

機を見ては復活して反撃を試みた主力部隊もとうとう全滅、そして私も最後はどこに移動しようとしても「途中に障害物があります」と表示が出てしまう場所にはまり込んでしまい、行動不能になったところを包囲されてしまいます。泥田にはまって動けなくなった木曽義仲の最後ってこんな感じだったのかなあ、と述懐するぐらいの時間はありましたか。遂にカバ軍団玉砕となりました。

081126-03

かつては敗走させれば右に出るものはいないと自負していたものですが、動けない場所に入り込んで捕まってしまうとは、どうも腕が鈍ったようですw

湿地でここまで戦力に差がついてしまうと、一度崩れると建て直すことはほぼ不可能に近いですね。あるいは最初の威力偵察を自重して防勢に徹していたほうが良かったかもしれませんが、それでも落ちてくる岩を薄絹一枚で受け止めようとするに等しかったやも・・・。

本日のBGM:RETURN TO FOREVER『ROMANTIC WARRIOR』
別窓 | ギルド戦 | コメント:4 | トラックバック:0 
勝利の条件とは?
2008-11-10 Mon 22:20
さて、朝起きるとGvが決まってました。
先月対戦したギルドさんからどうやら勝負を挑まれた様子です。(前回の対戦の詳細は10/6の拙ブログ「情報交換は何の為?」をご参照下さい)。

081110-01

平均Lvは既に前回の対戦で分かっているのですが、それでも頑なにAv350だそうです・・・。
しかも650↑だけで物理アチャ、物理剣士、ネクロ、Wizの4人を擁していながら、花は禁止。火力TOPが未だ600に届かないリアルボにとっては、範囲攻撃を生かすことが数少ない活路なのですが、それを封じられるとかなり厳しそうです。

まあ、ラヴさんが応じたとあっては是非もございません。
カバ軍団、出陣ですw

081110-02

本日はなんと、憧れの2Bis体勢です!
8と3に分かれて、私はラヴさん、オッツさんと第2PTを構成です。

そして今回はオッツさんが参加してくれているということで、いつもより大胆な策を。相手が準備を終える前に、開始と同時に奇襲攻撃をかけることにします。とはいえ、相手火力の強力さを考えると、乱戦になった時にこちらが不利になってしまう可能性が大です。そこで奇襲に参加するのはラヴさんと私の二人のみ。第1PTは後方からじっくり支援を整えてもらうこととし、オッツさんもいざという時にコールしてもらう為に同様に後方待機してもらうことにしました。

開始と同時に相手初期位置に到達するタイミングで細長い蛇目をひたすら右へ向かう二人ですが、ここで予想外の事態が発生します。何と、相手が初期位置よりも前進した場所で全軍待機してまして、開始時間よりも前に遭遇してしまいましたw
これはもう奇襲ではなく完全に強襲ですね。
開始の合図を待って二人で相手の陣営の真っ只中へ突入ですw

結局最初の接触は二人対相手の全軍での乱戦となりますが、お互いポイントを取る事が出来ず、相手がコールで撤退したところでこちらも継戦を諦めて自軍に合流します。そして改めてお互い正面から衝突です。

ただ、こうなると火力のLv差が厳しいですね。こちらも何とか食い下がろうとするものの、確実にポイントを引き離されていく状況になります。そして相手はリードした状態で一度再補助のために後退していきます。序盤である程度マージンを確保しておいて、後は適度に戦いながら時間まで逃げ切る考えのようです。

お互い補助を終えて再び接触となりますが、ここで相手初期位置まで突出したこちらの一部戦力が相手の後方部隊を発見します。補給要員なのか、戦闘に巻き込まれて被害を出さないように比較的Lvの低い人を隔離しているのかは不明でしたが、この発見がターニングポイントとなりました。

ラヴさん、ひまさん、私が主戦場のから抜け出しては相手の後方部隊に繰り返し攻撃をかけ、相手にプレッシャーをかけます。コール先を見定めて追撃を重ねた結果、安全なエリアを無くした相手は、遂に主力と後方部隊を合流させます。こうなると勢いの差が出ます。移動と戦闘の連続の中、一時期は2000ポイントあった差を徐々に詰め、遂にほぼ点差のない状態になります。

開始20分を過ぎたところで、どうやら相手は主力の物資が乏しくなってきた様子です。相手の攻撃は次第に散発的なものとなり、ポイント的にはそれほど差がつかないものの、主戦場はようやくリアルボの制圧するところとなります。相手はコールを繰り返して体勢を建て直そうとしますが、こちらは素早く移動先を見つけて妨害を試み、それを許しません。

そして最後の1分、一度大きく引いた相手が最後の組織的な反撃を行いますが、これを撃退。敗走する相手に追い討ちをかけたところで終了となりました。

081110-03

かなり厳しい条件下でのGvとなりましたが、終わった後の反省会では意外とみんな楽しんでいた様子でしたね。でも、できればもう少しフェアな相手とGvがしたいと思ったり・・・^^;

本日のBGM:e.s.t『tuesday wonderland』
別窓 | ギルド戦 | コメント:0 | トラックバック:0 
追撃戦
2008-11-03 Mon 08:48
毎週日曜日はGvの日、ということで今週のGvです。

ラヴさんが出掛ける寸前まで相手を見つけるべく頑張ってくれていた模様なのですが、残念ながら見つからず先入れ放置の形になっていたところ、10時頃だったと思いますが後入れして頂いたギルドさんがいて、カードが決まりました。

が、失礼ながら名前を見ても全く分かりません^^;
相手ギルドさん、どうもこちらのことを下調べしないまま後入れした様子で、戦力的にかなり開きがあるみたいです。とは言うものの、Lv制限をすると逆にリアルボの人数が少過ぎてGvとして成立しなくなってしまうという状況。

GM同士の話合いの結果、スキルで花・毒舌・裏切りを禁止、リアルボ側のみブレ禁止、後は自主的に相手が集まっている時には雨は自粛とか、フレームを落とすとか、ビットは使わないとか諸々・・・。

081103-01

ゲチェナさんはお仕事、アイリンさんも用事があって欠席、直前に危険な話をギルチャでしていたひまさんは時計が遅れていて参加できず、ということで今回の布陣となりました。RED FIELDさんがリアルボに復帰して久々の参戦です。

戦場が砂漠ということで、中央の高所に位置して待機します。
開戦直後から相手側Bisさん一人が突出してきたものの、他の人の姿は見えず。完全に分散して隠れては逃げる作戦を取る様子です。最初は待ちの姿勢でしたが、待っていると本当にそのまま30分が経過してしまいそうな雰囲気でしたので、そのBisさんを倒して坂を下りて右側の平地に向かいます。

坂を下りたところで相手の一部戦力を捕捉、追撃戦が行われますが、待機所で見た人数、フィールドにINしての挨拶の叫びの人数を考えると少過ぎる印象です。相手の初期位置へ強行偵察へ行こうかと考えていたところ、こちらが南下しているところを逆進して中央に向かった相手がいるとの報告。
すぐさま反転し、後を追って逆サイドへ。長駆こちら側の初期位置までの追撃となりましたが、何とか制圧。以後も組織的な交戦は無く、分散した個々での戦闘に終始して時間切れとなりました。

081103-02

相手ギルドさんに硬い人が多かったですね。抵抗は全体的に低かったものの、Lvに比べてHPが多く、特にBisさんがしっかりしている印象を受けました。戦力差があるにもかかわらず得点が伸びてないのはそのせいでしょうね。

本日のBGM:VICIOUS RUMORS『SOLDIERS OF THE NIGHT』
別窓 | ギルド戦 | コメント:5 | トラックバック:0 
| Wizのうわごと、天使のたわごと | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。