MMO「RED STONE」Black Opalで活動するWizの日記
http://pervenche.blog70.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
早くも・・・
2008-10-31 Fri 22:03
先日天使でメインクエを再開しましたが、現在は2のまだ序盤辺りを進んでおります。

081031-01

Wizで一度済ませているものですが、期間が開いてしまっていることもあり、すっかり手順を忘れてしまっているもの、何となく覚えがあるもの、色々ですね。

アイノ・ガスピル会長とも再会を果たしてきました。メインクエ5になってもWizでしばしばお目にかかっていますが、初めて会うシーンを違うキャラでやってみるとなかなか新鮮です。とはいえ、これからもう会いに行くのも億劫、というぐらいこの人に振り回されることになるのですが・・・。

081031-02

こんなことやったっけ?の1シーン。
宝石鑑定士になるためにリプリトマーキーを狩ってます。9個目までは素直に出たのに、最後の1個がなかなか出ません^^;

081031-03

現在、フィートさんの命令で色々材料を集めている最中です。
既に面倒になってきているのはここだけの話です・・・^^;

本日のBGM:WHEATER REPORT『BLACK MARKET』
スポンサーサイト
別窓 | メインクエスト(キルペリク) | コメント:0 | トラックバック:0 
忘れないで・・・
2008-10-29 Wed 21:49
と言ったかどうかは謎ですが、紋章作成以来すっかりご無沙汰だったキルペリク君、Lvを重ねる毎に不甲斐なさをも重ねていく兄スティリコを見かねたのでしょうか、アウグスタでの隠遁生活を脱して再び始動です。

露店以外殆ど動かす機会のなかったこのキャラですが、装備は臨戦態勢のまま残してましたので、いきなりの実戦投入も可能です。Gvに出すには魔法抵抗等がやや不足している感はありますが、狩りなら何等心配はないでしょう。

081029-01

ということで復帰早々、火酒の前で止まっていたメインクエを早速再開です。
上のSSはゲールさんこと****さんとの再会ですね。またこの人の我侭に振り回される日が訪れようとは・・・。

そう、メインクエといえば移動の煩雑さがネックです。
比較的難易度の低い1ですが、それでもいきなりスマグだのダメルだの、移動に不便な場所を引っ張りまわされてしまいます。ホールテレポーターがいるスマグはまだましですが、それさえないダメルへ何度も移動するのはかなり骨ですね^^;。

天使ならば優れた移動スキルのおかげでかなりその負担も軽減されますが、移動スキルを持たない職ですとかなり我慢を強いられることになりそうです。いや、そもそも天使以外のキャラだったら再開する気になったかどうかさえ怪しいところですが・・・。

081029-02

移動時間を大幅に節約できるため、メインクエ1はそれほど手間をかけることなく終了。
現在はメインクエ2に突入しております。

かけら集めに苦戦するスティリコを助け、新たな稼ぎ手となることができるでしょうか?

本日のBGM:DOKKEN『BACK FOR THE ATTACK』
別窓 | メインクエスト(キルペリク) | コメント:4 | トラックバック:0 
実戦経験の差
2008-10-27 Mon 22:05
攻城戦は時間が取れずずっと休止状態になってますが、Gvのほうは毎週日曜日欠かさず行われております。もちろん、今週もしっかりGvありました。

今週の相手もかなり手強いところです。
ラヴさんの見立てですと、Gv再開後に対戦した相手の中では一番強いのではないかとのこと。先週・先々週も相手の支援職不在に助けられての勝利だったのに、ハードルを上げて行っていいものなんでしょうか^^;

とはいえ、時間になるとしっかり集まるものですね。

081027-01

今週も10人が集まりました。
相変わらずBisはウルさんだけですけどね^^;
この面子ですと、PTから外れるのは誰か、もうお分かりですね。ひまさんと私がめでたく当選となりました。

戦場は一本道の湿地。正面で押し負けると、一気に崩されて勝負がついてしまうという、リアルボにとってはちょっと難しい戦場ですね。大軍に細かい用兵は必要無し、とばかりに火力を前面に押し立てて進むスタイルのギルドさんにとっては相性のいい戦場でしょうか。このゲームにZOCがないのがせめてもの救いと言えそうです。

少しでも横に広がりを持たせるため中央の橋に向かって進軍、橋の上まで進んでしまうと補助をかけ辛いという意見がありましたので、あえて橋を占拠することはせず、その手前で停止して開始時間を待ちます。
スタートと同時に一気に補助を終え、橋の上で待機、先頭は橋の向こう側まで進んで相手の様子を伺います。

相手の接近を察知すると、橋の向こう側からは素早く撤収。橋の中央辺りで迎撃の態勢を取ります。一度橋の手前で相手の足が止まりますが、それは後続が追いつくまでのこと。隊列を整えると、一気に全力で押し出してきました。

リアルボも正面に火力を集中して迎え撃ちますが、火力のLvの差か相手の正面衝力が勝っていました。戦線を保つことができたのは、接触してからほんの僅かの時間だけ。600前後の剣士さん二人を中心にした相手火力の威力の前に、一方的に損害を出して橋から追い落とされてしまいます。
私も最初は集団の中にいたのですが、ただ相手の攻撃を正面から受け止めるだけでは、徐々に追い詰められるのを待つだけになりそうです。

相手は2PT構成でこちらを挟み込むように位置取りをしてますので、上手く一方を外し、もう一方に攻撃を集中することができれば何とかなるのではないかと思い、集団から離脱して1PTを釣りに向かいます。
本来ならWizは集団の中央に位置して補助と回復をメインにするべきですが、真っ当な方法では純粋な力勝負になってしまい、火力に劣るリアルボには不利。それならば、相手の戦力の一部を牽制することで正面の戦力比を是正し、主戦場で部分的な優勢を作り出して勝負に持ちこむほうが望みがあると見ました。

うまく策が当たり、相手1PTを丸々釣るのに成功した場面もありましたが、相手のBisさんたちが冷静でしたね。少し散らばったかなと思ったらすかさずコールでPTを集め、各個撃破の機会を与えてくれません。一時的に正面戦力が減っても、崩される前に素早く再集結を終えて体勢を建て直し、逆にこちらが出血を強いられてしまう始末。

故意に相手の後背で孤立して誘いをかけたり、片方のPTが再補助の為にコールで引くと、その先まで追いかけて遅滞戦術を仕掛けたりと色々試してみますが、いずれも効果はいまひとつ。一時的に牽制に成功したように見えても、分散の危険を素早く察して集まり、しっかり主戦場での優勢を維持しているのは、矢張り実戦経験の差でしょうか。

結局相手を崩せないまま損害を重ねて終了となってしまいました。

081027-02

Lvや火力といった数字で見える部分だけでなく、何よりも戦術面での柔軟性やPT同士の連携といった試合運びの上手さの点で相手に一日の長があったようですね。今回のGvは特に皆さん学ぶことが多かったようで、日付が変わっても1時間以上ホールでみんなで話し込んでしまいました。個々の課題、全体の課題、挙げていくと話が朝まで尽きないのではないかと思うぐらいでしたね。

負けはしましたが皆さん大いに楽しめた様子でしたし、反省会の様子を見ていると、次回のGvは今回のGv以上に内容の濃いものになりそうな雰囲気を感じることができました。

本日のBGM:PENDRAGON『NOT OF THIS WORLD』
別窓 | ギルド戦 | コメント:0 | トラックバック:0 
優先順位
2008-10-26 Sun 08:35
前回RED STONEを完成させてから、早2週間。
しかし、残念ながらかけらはまだ2/3しか集まっていない状態です。流石にこれはまずいと思い、モリネル5Fに降りてかけら集めです。モリネル6Fとか時の森で集め切ることができればいいのですが、現在のIN時間ですと、この二つの狩場で集めるのはかなり厳しいです。

平日の狩り時間はせいぜい30分程度で、かけらが1個も出ないまま狩りを終える日も珍しくありません。休日にまとまった時間を割いて強引に集めているのですが、それでもモリネル6Fや時の森だけでは集め切れないのが現状です。トラン中部・モリネル5Fと時の森・モリネル6FではMOBの強さに差があり、一匹一匹を倒す時間に違いが出てくるとはいえ、明らかにかけらの出る確率が違いますしね・・・。

ということで、モリネル5Fで急いでかけらをかき集め、RED STONEを完成させます。
そして再び・・・

081026-01

うさぎさんですw

かけら集めに余裕があれば、先日の首を育てるのを優先するところですが、ちょっと天上界を優先せざるを得ない事情が・・・。モリネル5FのMOBのうち、デビルスカラーのLvは620~625、ロックゴーレムのLvは625、ブレイザーが残っているとはいえ、そろそろモリネル5Fでかけらを集めるのも難しくなってきてるんですよね。

アイテムの強化は別キャラでも出来ますが、天上界での称号は本人しかできない。そんな訳で、相談の結果、天上界で称号を優先することとなりました。最早寄生を通り越してヒモと化しつつあるという動かし難い事実には目を背けるとしましょうw

そしてうさぎさんとの冒険は

081026-02

途中、うさぎさんの愛する祖父ジュル隊長ベリンの死という悲しい試練もありましたが

081026-03

今回も無事(?)セーラさんに手紙を届けることができました。

この後、天上界へ行って生命の祝福を報酬としてもらい、HP10%増加となりました。
生命の祝福は残り5回、今年中に完了はかなり厳しくなってきましたが、何とか100%まで持っていきたいですね。

本日のBGM:村治佳織『PASTORALE』
別窓 | メインクエスト5 | コメント:0 | トラックバック:0 
仮定としてのお話
2008-10-24 Fri 21:50
とりあえず叩き台としてのモデルです。

トラン森中部回避ビルド

MOBとのLv差はなし、ギルドスキル戦士の目Lv4(ホールLv1の一般ギルド員想定)、鎧にセーフケージ(回避率15%)、腰はアンチチャージャ(回避率10%)と仮定して、鷲狂戦士相手に回避率を100%にする為に必要な敏捷(X)と運(Y)は

100=4+15+10+(X-570)/25+(Y-829)/30

敏捷をLv相応620とすると

Y={100-(4+15+10)-(620-570)/25}*30=2070

一般にトラン森中部においては運1800程度からかなり回避率が違ってくる、と言われています。回避装備をしている人でセーフとアンチ以外の回避装備がない、という人はごく稀だと思われますので、この数字はそれなりに近いと言えるかも知れません。
それでも、100%の完全回避を目指すにはこの数字は低いような気もしますが、先に進む為にここではこのビルドで完全回避を達成したと仮定します。

このステ振りを維持したまま適正で時の森に挑むとします。Lv660の時点で敏捷は同じくLv相応の660、運はLv毎に3振り、運比率1/2を頭、首、腰、足の4箇所としてLv620時点より200増加して2270と仮定しましょう。
トラン森中部の中央にある大木から時の森に入り、ステージ1からステージ2への入り口を目指して北上すると、左方よりエルフ守護騎士が向かってきます。

エルフ守護騎士に対する回避率=4+15+10+(660-1005)/25+(2270-1835)/30=29.7

凡そ7割が命中という結果になってしまいます。エルフ守護騎士の攻撃力が低いとはいえ、これだけ攻撃が当るとちょっと厳しいかもですね・・・。

比較的与し易いエルフの猟犬に対しては

エルフの猟犬に対する回避率=4+15+10+(660-845)/25+(2270-1550)/30=45.6

それでも半分強は命中してしまう計算です。

自分自身は回避には全く期待せず、全弾命中前提でダメージをコントロールするビルドを選んでますので、正確なところは分かりませんが、周囲から話を聞いた限りでは結構近い線を衝いているように思えます。

最後にちょっと遊びをw

古代エルフに対する回避率=4+15+10+(660-1406)/25+(2270-703)/30≒51.4

古代エルフの運が低いせいもありますが、結構回避できますね。とはいえ、一撃を受けると白ダメ20000で一巻の終わりですから、何とか回避率100%を目指してみましょう。
敏捷をLvと同じとすると必要な運は

運(Y)={100-(4+15+10)-(660-1406)/25}*30≒3025.2

これは意外とハードルが低いかも・・・?

注)これはあくまでも仮定の式を使った叩き台ですので、この通りにしても期待通りの回避率を達成できるかどうかは保障の限りではありません。これを信じて失敗した人がいたらゴメンナサイ^^;

本日のBGM:JOURNEY『FRONTIERS』
別窓 | 回避について | コメント:0 | トラックバック:0 
検証はまだ先
2008-10-22 Wed 22:11
回避について実験をしてみたいとは常々思っているのですが、まとまった時間がとれません・・・。
それは時間を作る気がない人の言い訳だ、と言われるとその通りですが^^;

土日まとまった時間があると、普段狩りができない分、狩りに出て経験値を稼いで、お金も稼いで、かけらを集めて、結晶も集めて、Gv・攻城戦に備えて消耗品も集めて、更には露店もじっくり見て回りたいし、ということでなかなか回避検証を行うインセンティブが発生しないという状態です。

何しろ、検証をするためには、再フリをして、装備を整えて、そして現場では誤差を極力少なくするためにはMOB1種類につき1000回程度の計測は必要かなと考えると、ん~今週は全然かけらも集まっていないし、また次の機会にしよう、と思ってしまうんですよね^^;

とりあえず、始めようと思ったらすぐスタートできるように、メモ代わりにMOBのデータを載せておきます。

モリネル5F
デビルスカラー (Lv625) 敏捷:383 運:1260
ロックゴーレム (Lv625) 敏捷:629 運:1213

モリネル6F
塔のぜんまい (Lv645) 敏捷:885 運:938
塔の動力装置 (Lv640) 敏捷:866 運:1276
サンドマン (Lv650) 敏捷:397 運:1440
塔の霊媒師 (Lv650) 敏捷:557 運:2396

トラン森中部
鷲狂戦士 (Lv620) 敏捷:570 運:829
エクソシスト (Lv625) 敏捷:238 運:1132
偽預言者 (Lv625) 敏捷:598 運:3388

時の森 第1ステージ
エルフ守護騎士 (Lv660) 敏捷:1005 運:1835
エルフ魔法戦士 (Lv670) 敏捷:1127 運:1578
古代エルフ (Lv670) 敏捷:1406 運703
エルフの猟犬 (Lv660) 敏捷:845 運:1550
森の狼 (Lv670) 敏捷:1148 運:1764
時の魔獣 (Lv670) 敏捷:956 運:2200
時の猛獣 (Lv665) 敏捷:823 運:1695

最も比較の対象となり易いモリネル5Fとモリネル6F、トラン森中部と時の森第1ステージのMOBの敏捷と運を出してみました。LvはそのMAPにおける最高Lvです。MOBに一部欠落あり、データについても多少の誤差があるやもしれませんが・・・。

改めて見てみると、モリネル5F→6F、トラン森中部→時の森というのは全く別世界という感じがしますね。中部向け回避装備で軽い気持ちで挑戦してみて、こんなの無理、となってしまうのも分かるような気がします。

しかし、トラン森中部も、実装当初はテイマさん以外はここで狩りをするのは無理と言われていた訳ですし、実際新MAPで普通に狩りをしている人もいますので、突破口はあるんでしょうね。それを検証できればいいな~と思っていますが、自分の手で検証できるのはもう少し先になりそうです。それまでは色々データを集めてきては、それを妄想でこねて仮説を作っていこうと思います。

本日のBGM:ASIA『ASIA』
別窓 | 回避について | コメント:0 | トラックバック:0 
奇襲の効用
2008-10-20 Mon 22:16
予想通り、日曜日の朝起きるとしっかりGvの予定が入ってました。
毎週日曜日のGvがリアルボの恒例行事として定着してきた感がありますね。

エルンで先入れ放置となっていたところ、対戦相手として名乗りをあげて頂いたのは、かなりの格上のギルドさんでした。秘密卒業者だけでも3~4人はいるはずです。そのギルドさんとならGvやりたいというギルドさんがありそうなところ、何故リアルボなんかに入れたのかは謎です^^;

火力面では相手がかなり優勢、しかも戦場が狭いエルンとなると、序盤で崩されるとおそらく立て直す機会を見出すのは困難でしょうね。一撃を耐えて陣形を整えたうえで対峙することがかなえば、物理オンリーの相手に対して、物理+範囲のバランスの良さである程度勝負に持ち込める可能性はありそうです。そんな見立てをしつつフィールドにINしました。

081020-01

本日の動員は9名。
こういう場合、どういうPT編成になるか大体皆さんもうお分かりですね。はい、という訳で例の如くソロですw

奇襲を避けて後背の崖の上に上がろうとする動きもありましたが、狭いエルンが戦場では相手の発見を1~2秒遅らせる程度の効果しかありませんし、相手が本気で奇襲に来た場合、散開できない崖上では逆に混乱が酷くなると見て、その動きを制し、初期位置のまま開始を待ちます。

Gv開始を知らせるテロップが画面上に表示されます。
と、同時に画面右やや下方より相手の姿が・・・。

見ると補助も無しに突出してきた様子です。先陣を切ってシフさん、そしてもう一人、また一人ときますが、いま一つ行動に統一性を欠いている印象です。相手ギルドさんの内部で奇襲に関して意見の相違があったのかも知れませんね。そのおかげで、最初は多少動揺が見られたものの、相手の攻撃に対処しつつ補助をしっかりかけていく余裕が生まれます。

そして相手の戦力を観察しつつ徐々に包囲下に置き、最初の一人を落ち着いて倒すことができた時点でこの日のGvは勝負がついた感じです。相手ギルドさんにはBisさんもWizさんも不在。第一撃でこちらに損害を与えることができず守勢に回ってしまっては、手の打ち様がなかったのかもしれません。武道さん二人に中央で粘られたものの、損害を出すことなく開始20分過ぎで終了となりました。

081020-02

奇襲の要諦は、相手の機先を制すること。そして相手に建て直す時間を与えず混乱を広げ、所定の戦果を上げた後は欲張らずに速やかに後退すること。
そのためには、奇襲を行う側は素早く強力な第一撃を相手に与えるため、統一した意思の下での機動と集中が不可欠となります。しかしながら、その条件を欠いて突出した戦力は、結局のところ単なる孤立した少数部隊になり、体勢を立て直した相手に包囲されることになってしまいます。

相手の戦力はシフ・武道さんが二人、アチャさん二人、姫さんが一人の5人でしたが、シフ・武道さんとアチャさんの4人はこちらの火力よりもLvが上。第一撃で一人が倒れる前に相手を一人、二人目が倒れる前にもう一人、という勢いで突っ込まれたら、動揺が広がり、こちらが潰乱してしまった可能性もありました。

もしくは相手にBisさん・Wizさんがせめて一人ずつ参加していて、シフ・武道さん二人が奇襲で突入した後、内側から突き崩しつつ、外周から二人のアチャさんが飛び出した人を統一火線で狙う方法を取られたら持ちこたえるのは困難だったかも知れません。

初期位置で待つと決めた時点で、各自の立ち位置にもっと配慮するべきでしたね。しばらくGvから遠ざかっていたおかげで、まだまだ忘れてしまっていることが多いみたいです。

本日のBGM:PINK FLOYD『A MOMENTARY LAPSE OF REASON』
別窓 | ギルド戦 | コメント:0 | トラックバック:0 
装備強化プラン
2008-10-19 Sun 09:21
最近、平日の狩り時間がとうとう30分程度にまで短くなってしまいましたが、

081019-01

何とか1週間1Lvのペースはキープしております。
丁度この時は、日曜日に予定が入りそうなGvに備えてモリネル5Fでフルチャ・心臓集めをしてました。5FでLvがあがってしまうと、6Fや時の森で狩りが出来ない人みたいで、「あ~、やっちゃった」という気分になってしまいますが^^;

確かに、モリネル6Fはともかく、時の森で効率よく狩るためにはまだまだ火力不足が目立ちます。第1ステージでは古代エルフと、魔法攻撃無効のエルフ魔法騎士、極端に魔法抵抗の高い森の守り人以外は普通に狩れる程度にはなりましたが、第2ステージでトレント達を相手に狩り効率を出すのはやや厳しい感じがします。

そこで強化プラン

1.靴の防御効率をUエンチャで60%→80%へ
2.鎧の防御効率をUエンチャと金色増幅で60%→Lv10へ
3.頭のREDSTONE称号を青色再構成で4→5へ
4.頭の知識比率を青色再構成で1/3→1/2へ
5.杖を鋼GDXベース→山登り杖UMベースに交換
6.首の勲章を知識比率もしくはスキル+がついたものに交換

一応1~5までは以前から頭にあったものです。
1はギルドホール石像で鏡の結晶が3箇所分完成すれば、ホール水晶で上限まで強化できます。2は同じく石像が完成した段階で1回だけ強化し、その後は金色増幅で上げて行く方法を取ります。但し、鏡の結晶を3箇所分確保して、更にギルドホールLv2にならないといけませんので、少し時間がかかりそう。

3と4は資金とRED STONEがあれば今すぐ可能なものです。ただ、見知らぬ人に代行を頼むのはちょっと怖いので、自分でやるかギルドのメンバーにお願いすることになりそうです。しかしながら、これは必ず成功するというものでもなく、むしろ失敗する可能性のほうが高いものですので、何度か繰り返すのを前提に考えないといけませんね。

5は今のところ後回しになりそう。完成品を購入するほどの資金はありませんので、自分で異次元をすることになりますが、それでも素材と異次元BOXを購入する資金は必要ですし。そして、成功確率が1/4となると、他の強化策も資金が必要なことを考えると、ギャンブルに大量の資金は出せません^^;

そして6は・・・。
今の首はHP効率Lv1DX、防御効率、火抵抗の3OPがついた勲章なのですが、防御面での不安はないものの、もう一段階上に抜けたものが欲しいところです。そこで見つけた素材がこれです。

081019-01

比較する対象がHP効率Lv1DXですので、かなりHPが下がってしまいますが、Lv6まで上げてしまえば最悪のケースでもHPの低下は800程度に止まります。HP効率自体はRED STONEを天上界に渡して上げていく方法もありますし、あまりに補正が低過ぎるようなら再構成をかけてもいいですしね。

防御効率のほうは、鎧と靴を強化する予定があるのでそちらで補えますし、火抵抗はまだメインクエ5のボーナスがない時期の名残ですので、これも何とかなりそう。足りなくても背中で10%、靴で20%強化の余地がまだ残っていますので、結晶を集めて強化してしまえばいいかなと。

完成すれば、スキルLvが上がって更にCP効率が加わりますので、かなり運用が楽になりそうです。

といっても、3OP全部上限まで上げようとすると青色増幅だけで11回ですか・・・。
先は長いですね^^;

本日のBGM:URBAN ELEMENTS『NEW DIMENSIONS』
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 
考察のスタートポイント
2008-10-17 Fri 21:55
先日このブログで回避のことを取り上げてみたところ、リアルボのメンバー、ひまさんからこんな意見を頂きました。

081017-01

081017-02

ケース1、2というのは前回取り上げた命中・回避判定の仕組みのことです。

ケース1:全てのファクターの総和として命中・回避率が計算され、その相互作用で判定が為される。
ケース2:各々のファクター毎に命中・回避の判定が為されている。

大別するとこの二つになる訳ですが、ひまさんはケース1の可能性が高いとの見解です。
ここで重要なのは、ひまさんがプログラムを組む立場から見ていること。プログラムの知識が全く無い私には思いつかない観点からの発想でしたね。

サーバ負荷を考慮すると、計算はなるべくシンプルなほうが良い。言われてみるとごもっともです。最初からややこしく考えてしまうよりも、極力簡単に考えてみましょう。

回避率については色々なところで色々な計算式が出されていますが、最もシンプルなのがこれ。

回避率=装備・補正の回避率合計+敏捷/25+運/30+Lv差

うん、シンプルですね。
しかしながら、シンプルなあまり大事なファクターである相手の命中率が全く考慮されていませんね。
そこで仮説1

回避側を基準に置くとして

回避率=(装備・補正の回避率合計-装備・補正の命中率合計)+(回避側の敏捷-攻撃側の敏捷)/25+(回避側の運-攻撃側の運)/30+Lv差

これをスタートにして考察を進めていくことにしましょう。

とりあえず今日はここまでで・・・。




足跡を辿ってみたところ、橙鯖の天使さん、シャアさんのブログからアクセスして頂いてる方が何人かいらっしゃいました。リンクして頂いてる様子でしたので、遅ればせながらこちらからもリンクさせて頂きました。↓のリンクの項目にある「追放天使の秘密基地」がそれです。
コメントを書く場所が見つかりませんでしたので、この場での一方的な通知となってしまいましたが、もしご都合お悪いようでしたらその旨ご一報くださいますようお願い申し上げます。

本日のBGM:CHARLIE ROUSE『BOSSA NOVA BACCHANAL』
別窓 | 回避について | コメント:4 | トラックバック:0 
巡り来て
2008-10-15 Wed 22:34
本当は日曜日にGvが入る予定でしたが、残念ながら相手が見つからず・・・。
翌日が祝日ということで、月曜日にGvを行うことになりました。

対戦相手はというと、かなりの古豪ギルドさんです。
今は人数を減じているものの、かつては集まりさえ良ければメジャークラスさえ食ってしまうという強さを持っていましたね。そのことが頭にありましたので、ラヴさんから話を持ちかけられた時、ちょっと考えてしまいましたが^^;

躊躇した理由というのは実はもう一つありまして。
実はそのギルドさんに、私が頭が上がらない人が二人も・・・。
私が以前所属していたギルドに入った当初、まだ右も左も分からなかった時分に色々と教えて頂いた恩人なのです。二人は元々メインは他のギルドさんに所属しており、毎回、と言う訳には行きませんでしたが、それでもしばしば一緒にGvを戦い、装備やスタイルにも大きな影響を受けました。

元のギルドを離れ、新天地でまた、別のギルドに移った元のメンバーと相対する。
何やら感慨深いものがあります・・・。

まあ、躊躇してばかりもいられませんね。
リアルボのメンバーの一員として、いざ出陣です。

081015-01

今回の動員は9名。8人PT+私がソロという編成になりました。
戦場は砂漠ということで中央の高所に早めに進出し、坂を上ってくる相手を高みから迎撃することにします。

そして開戦。
当初の予定通り坂の上で迎撃しますが、思ったより相手からの弾幕が薄いように見えます。しばらくは坂の辺りで交戦となりますが、相手戦力に後続がなく、見るとヘイスト・エンチャもかかってない様子です。火力が少なくWizも不在とみて一気に攻勢、坂の下に相手を追い落とします。どうも私の恩人の一人も不参加の模様でした。

二度ほど相手を追い落としては坂の上に戻って補助、迎撃を繰り返しますが、後方に別働隊がいて深追いを誘っているという訳でもなさそうです。ここで坂を下り、左側の平地でより積極的に攻勢にでる決断をします。

降り口で再度攻勢をかけてきた相手と交戦、これを撃退し追撃へと移ります。が、ここでアクシデントが発生。ウルさんがゴムバンド現象で行動不能に・・・。1Bisのリアルボではコールでこれを解くこともできず、強制で落とす案も出ましたが復活できなかった場合を考えると怖くてできず。ということで、坂を降りたところを基点にして防御攻勢を取ることに。

相手からすると、本来なら勢いに乗って全軍で追撃をかけてくるところを、コール先に一人か二人がちょっかいを出しに来る程度で、すぐ元の場所に戻ってしまうというリアルボの行動をかなり訝しく思っていたことでしょうね。
そんな事情であまり大規模な攻勢を取ることができなかったのです。

そして大きな変動はなく

081015-02

このまま終了となりました。
相手の火力不足とWiz不在でワンサイドゲームとなってしまいましたが、相手に火力とWizが1枚ずつあればかなり様相は変わっていたことでしょうね。その時は追い立てられていたのはリアルボのほうかも知れません。

以前所属していたギルドならば、大差での連勝ということで驕りが前面に出ていたところでしょうが、そういう点が全く見られないのがこのギルドです。Gv後の反省会でも、抵抗のこと、ポジション取りのこと、各自課題を見つけていました。勝っても負けても、今回は前回よりも、次回は今回よりも進歩が見られたと言えるようになりたいものですね。

本日のBGM:SAMSON『DON'T GET MAD, GET EVEN』
別窓 | ギルド戦 | コメント:0 | トラックバック:0 
今宵、財宝のベッドで・・・
2008-10-13 Mon 12:30
スタートでいきなり途方に暮れてしまった回避考察ですが、とりあえず今回は先送り~ということでw

今回は、休日の恩恵でようやく完成させることができたRED STONEを持って天上界へ行ってきました。それにしても・・・普段モリネル6Fや時の森で狩りをしている時よりも、フルチャ・心臓調達のために1時間程度モリネル5Fで狩っている時のほうが、かけらが多く集まるんですよね。フルチャ1列集まったら止めようと思っていたら、フルチャよりもかけらの出る確率のほうが高かったという・・・。どうなってるんでしょうね?

まあ、何はともあれ無事にRED STONEが完成したところで、ハイムダルさんに天上界へ送ってもらうべく懺悔の部屋に郵便配達です。

勿論

081013-01

うさぎさんと一緒ですw(正確に言うなら、ポタ寄生ですがw)

081013-02

すかさず通報したり

081013-03

ちゃっかり自分だけ安全圏に逃れていたりと、相変わらず抜け目がありませんw

色々ありましたが特に問題は無く(?)郵便配達は終了、天上界でHP10%UPを報酬に頂いてきました。これで合計40%、あと6回ですが、このペースですと今年中に100%にまで持って行けるかどうかはかなり微妙です。もう少しかけらのドロップ率が上がると有難いのですが・・・。




本日のおまけ

081013-04

ひんやりして気持ち良さそうですw

本日のBGM:GENESIS『FOXTROT』
別窓 | メインクエスト5 | コメント:3 | トラックバック:0 
敏捷・運無振りWizが回避を考えてみる
2008-10-12 Sun 13:15
と、大袈裟なタイトルにしてみましたが、大したことではありません。
いろいろ話を聞いてみて、実際に回避の仕組みとはどうなっているのかと気になっただけでして。例によって思ったまま書き連ねてみましょう。

回避に影響があるファクターとして

Lvによる補正
ステータスによる補正
装備による補正
ギルドスキルによる補正
補助スキルによる補正

大まかに分類しますと、この5つですね。
Lv補正は言わずもがな。ステータスによる補正とは、「敏捷」と「運」の二つ。装備による補正とは、「回避率n%」とついているものと「命中補正無視」の2種類。ギルドスキルによる補正は、その通りギルドスキル「戦士の目」によるものと石像「シロイオのホール」による効果の2種類。補助スキルはWizの「ミスティフォグ」とリトルの「アイドルスター」を考慮に入れるべきでしょうか。

これらの補正の組み合わせを最適化することができれば、火力・防御力・抵抗を犠牲にすることなくキャラクターを組み立てることが可能なのですが、実際にはどのファクターがどの程度影響を及ぼしているのかはよく分かっていません^^;

というのは、回避の場合、攻撃してくる相手との相対的な部分~所謂不確定要素に依存する部分が非常に大きい様子なのです。この程度あれば安心、というものがなく、相手の攻撃命中率が低ければ、攻撃が全く当らない無敵状態になることができますし、命中補正の高い相手と相対した時には、回避の代償としてやや防御・HPを削ったことが仇となりかねません。

まあ、分からないと言ってもはじまりませんので、大まかな筋道を考えて見ます。

命中・回避判定が行われる場合の仕組みですが、大別して2種類に分かれると思います。

1.全てのファクターの総和として命中・回避率が計算され、その相互作用で判定が為される。
2.各々のファクター毎に命中・回避の判定が為されている。

ちょっと言い方が固くなってしまいましたね。
簡単に言いますと、1のケースですと

回避率=(Lvによる回避率)+(敏捷による回避率)+(運による回避率)+(装備による回避率)・・・の合計

命中率=(Lvによる命中率)+(敏捷による命中率)+(運による命中率)+(装備による命中率)・・・の合計

この差で判定が行われるということです。

一方2のケースになりますと

(Lvによる命中補正)vs(Lvによる回避補正)  → ここで一度判定
(敏捷による命中補正)vs(敏捷による回避補正) → 更にここで判定
(運による命中補正)vs(運による回避補正) → 更にここで判定
(装備による命中補正)vs(装備による回避補正) → またまたここで判定

と非常に複雑になってきます。個々の判定が為された後、最終的にどういう形になるのかも考えないといけませんしね。1個でも回避の判定が為されれば回避となるのか、全て満たさないと回避とみなされないのか。
また、1と2の中庸のどこかに真実があるというケースも考えられる訳で、本当に検証しようとすると、一つ一つの条件を潰していかなければならないという・・・。

思いつきで書き始めてみましたが、これは相当壮大なテーマですねえ^^;

今のところ分かっている点

・回避は運による恩恵が極めて大である。
・装備による補正は、装備による補正無視で打ち消される。
・ステータス及び補助スキルによる補正は、装備による補正無視では打ち消されない。
・Lv補正はダメージ判定時の補正に比べると、実はあまり大きな差ではない。

この辺りも体感としてそう思っている、というだけですので絶対正しいとは言えませんが・・・。

かなり不定期になりそうですが、思いついた点等ありましたら取り上げていきたいと思います。

本日のBGM:VAN DER GRAAF GRNERATOR『H TO He WHO AM THE ONLY ONE』
別窓 | 回避について | コメント:0 | トラックバック:0 
久々の
2008-10-10 Fri 21:59
今週あたりからポイント戦再開~と勝手な予想を立ててましたが、結局昨日は何もなし。今週も攻城戦はお休みですね。

私も平日全く狩りができず、消耗品が全く集まっていませんでしたので、逆にお休みで救われた感はありますが・・・。多少のストックがあるとはいえ、それはあくまでも非常時のもの。リアルボで対人戦をするのは多くても週1~2回程度ですので、購入する資金も含め、日常のサイクルの中で補っておきたいところです。

平日とはいえ、夜になるとどこも狩場はいっぱいですが、不思議とモリネル6Fは狩場に困ることがありません。先にINしていたぴよ♪さんと二人で早速狩りを開始します。

081010-01

ここで狩りをしたことがある方はご存知と思いますが、モリネル6Fはこれまでのトラン森中部や一つ下のフロアからは想像もつかないぐらいドロップが酷いんですね。多分、このドロップの悪さに萎えてしまって、狩場から足が遠ざかってしまうのが、この過疎の原因ではないかと・・・。

もっとも、そのおかげで鍛冶屋売りに街に戻って更に珈琲のお代わりをしてきても、狩場が無くなる心配はありませんので、狩場争いが苦手な私としては随分助かっている訳です。
昔からドロップのいい人気狩場よりも、誰も来ない様な辺境の狩場を好んで使っていましたので、むしろ自分的には普通に戻ったという感じですが。

そして、しばらく狩っていたところで

081010-02

久々のLvUPです。
モリネル6Fも時の森も経験値だけはいいので、時間に余裕があれば1日1Lvは軽く上げている人も見ますが、残念ながら私は相変わらず1週間に1Lv程度のペースです。
まあ、誰と競うでもありませんので、このペースで十分かも知れませんね。

Lvが上がったところで本日の狩りは終了~。
というか、そろそろ眠くなってくる頃なので危険、というぴよ♪さんのドクターストップがかかりました。まだ大丈夫と思っていたら、街に戻ったところで眠気が・・・。
流石、よく分かっていらっしゃるw

本日のBGM:NIEMEN『ODE TO VENUS』
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 
のんびりと
2008-10-08 Wed 21:29
日曜日には真面目にGvをしてしまいましたが、

081008-01

一夜明けたらすっかりのんびりしたペースに逆戻りです。
Gvで色々スキルを検証したり、作戦を立てたりというのは楽しいのですが、勝ち負けに拘るつもりもありませんし、Gvが増えて時間を拘束されるのもあまり気が進まない話です。

以前に所属していたギルドの反動かも知れませんね。
以前所属していたギルドは、攻城戦も含めると週に4~5回対人戦を実施していまして、当然のことながらRS内での生活もGv中心に回っていました。回数をこなしていた割には、あまりそれが成果になっていませんでしたが^^;

といっても、こののんびりペース、決してサボっている訳ではありません。
仕事の関係で朝が早いので、正直集中力が続かないのですw。何しろ、平日は朝6時前には家を出て会社に向かう毎日ですので・・・^^;
INして狩場に到着した当初は、今日は頑張ってお金も経験値稼ぐぞ~と思うのですが、30分ほど狩りをしていると睡魔に襲われるのです。

そして寝落ちする前にぴよ♪さんに救助されてますw

まあ、そんな訳で、無理をしない範囲で少しずつでも進めていければ~と思ってます。

本日のBGM:鈴木祥子『RadioGenic』
別窓 | 雑記 | コメント:2 | トラックバック:0 
情報交換は何の為?
2008-10-06 Mon 22:22
予想通り、日曜日はGvありました。

公示を見てみると・・・

081006-01

相手からのお誘いで組んだとのことですが、秘密卒業Lvが3人、1PTとはいえかなり強力な布陣です。
平均Lv350というのは計算してみるとかなり怪しいですが・・・。Gv前に相手ギルドさんの紋章をつけた人をチェックしてみると、トラン森中部やモリネル5F・6Fで見かけた人が結構見受けられます。これはどう考えても、500↑ぐらいの平均はありそうですね・・・。

些かアンフェアなものを感じますが、まあ、組んでしまったものは仕方がない、ということで、カバ軍団いざ出陣です!

081006-02

本日の動員は10名。
Bisさんが一人だけですので8人と2人に分割するとして、PTから外れる2人を誰にするかでちょっと議論。相手の戦力から考えるとPTから外れるのはかなり危険ではありますが、自分からその2人になる危険を買って出る人が多いのがこのギルドのいいところ。

検討の末、シフ・武道のひまさんとLvが高く防御・HPが高い私がペアで外れることになりました。やはりTOPLvが一番危険な役目を背負わないとはじまりませんからね。無理を言ってPTから外してもらいました。ひまさんは私の指名で巻き添えですw

戦場は遮るものの少ないCross Counter。奇襲を受ける危険を避けてやや上方で補助を行い、一番上から大きく迂回する形で相手の陣営に攻め込みます。そして後方へ抜けて反転。相手が自陣営で待ち構える策を採るなら、一気に後背から突き崩す期待も持てますが、残念ながら相手も移動した後でした。

どうやら相手は直線的に中央を突破し、こちらの初期位置への直撃を狙った様子です。お互い最初は空撃となってしまいましたが、気を取り直して反転。中央の通路で全力衝突です。

接触してしばらくは均衡状態が続きますが、徐々にこちらが優勢になってきます。押し気味になってきたところで、相手のBisさんが後方に下がって行くのが見えます。おそらく一度引いて体勢を立て直そうとしたのでしょうが、やや前線部隊との間隙を生じた機会を逃さず、一気に突入して相手後衛を捕捉し、挟撃の形に持ち込むことができました。

右への思い切った退却を断念した相手は、中央やや右上の木立までコールで後退。通常はこちらも相手が引いたタイミングで再補助でしょうが、士気も上がっていることですし、みすみす相手をそのまま立ち直らせることもありません。相手がリザと回復を行っているところに飛び込んで一暴れし、出鼻を挫いてから後退、味方に合流します。

そして再度中央で衝突。右上から押してくる相手、左下から押し返すリアルボという構図になりますが、再度リアルボの一部戦力が相手の右側へ迂回、徐々に相手を追い詰め、遂には左の台地を使って、上下と右から相手を包囲することに成功します。相手は団子状態になって戦線正面を縮小し、こちらの攻撃の被害を少なくしようとしますが、魔法抵抗やノックバック抵抗が不足している人が多いのか、上手く行かない様子。

以後は完全にリアルボのペースでGvは推移し、最後は包囲を抜けて再度木立まで後退した相手を追撃して終了となりました。

081006-03

開始前は火力のLv差が甚だしいこともあり、かなりの苦戦を強いられると見ていましたが、(相手火力は秘密卒業Lv二人を擁するのに対し、リアルボの火力はTOPが500台中盤で後は400台前半が主軸)予想に反して勝利を収めることができました。

実際にはリアルボのメンバーの多くはほぼ物資を消耗し尽した状態でしたので、あと5分あったらかなり危険だったかも知れませんね。

本日のBGM:MEDIAVOLO『A SECRET SOUND』
別窓 | ギルド戦 | コメント:0 | トラックバック:0 
寝落ちにご用心
2008-10-05 Sun 09:20
時間が短いながらも、相変わらずモリネル6Fと時の森に通う毎日です。が、日曜日Gvがありそうなので消耗品を集めるため、土曜日の朝はモリネル5Fに降りて1時間ほど狩りをしてみました。

心臓だけなら6Fでも落ちるのですが、フルチャは5Fでしか落ちないので、週末すこしまとまった時間が取れる時は、消耗品集めで5Fに降りることになりそうです。なにしろ6Fや時の森のドロップが貧弱ですので、自給自足できるものに関しては極力自力で調達しませんと、懐具合がかなり厳しいことに・・・。

心臓を手早く集めるには、なるべく火鬼がいるところ~ということで、5Fで狩る時はメタルゴーレムがいる右上の部屋を使わせて頂いてます。幸い誰も使った形跡はなし、ドロップ品も落ちてないしMOBも全沸き、ということで早速狩り始めます。

記憶場所付近にいた数匹を倒し、隅から中央へ向かって行きます。そしてふと視線を反対に向けると、机の下に赤く光るものが・・・。

知り合いの剣士さんが寝落ちで死んでました・・・^^;
この剣士さん、同じギルドになったことはないのですが、スウェブの上層に通ってた頃から狩場が隣り合わせになることが多いのです。

まあ、起きてからいきなりデスペナは厳しいでしょうから、復活させておいたほうがいいでしょうね・・・。
ということで灰を使い、霧と水壁をかけて、狩り再開です。

081005-01

とはいえ、MOBがアクティブだと、ただ立ってるだけで結構被弾するものなんですね。
出掛ける時間が来る前に起きてくれるといいな~と思いつつ、補助とアスヒをしながら1時間ほど狩りを続けましたが、残念ながら剣士さん、深い眠りについたままでした^^;

些か後ろ髪を引かれる思いはありましたが、外出予定を変える訳にはいきませんので、改めて霧と水壁を上書きして帰って来ました。
彼のその後の運命は、彼のみぞ知るですが・・・。

皆様、狩場での寝落ちにはくれぐれもご用心を。

本日のBGM:LTC『A DIFFERENT VIEW』
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 
今週もお休み?
2008-10-03 Fri 20:50
先週に引き続き、今週も木曜日のポイント戦はお休みでした。
元々基本が社会人ギルドのリアルボですので、金曜日の22時までにポイント戦を行うのはほぼ無理でしょうね。ということで、どうやら今週もこのまま攻城戦を行わずに終わりそうです。

まあ、石像を作るために攻城戦をするようなものですので、Lv2の材料のかけらがあまり集まってない現状では、攻城戦を行う意味に乏しいのも事実。
それに、9月が中間決算という会社も多いでしょうから、今週はその処理に追われている人も多そうです。あまり参加が見込めない時期に強行すると、攻城戦の参加者が3~4人なんて事態になりかねませんし。

まあ、きっと来週あたりからはポイント戦再開になるのではないかと勝手な予想をしております。できればそれまでに、もう1箇所~2箇所ぐらい石像を作れるようにしておきたいですね。
ついでにLvも上げることができれば・・・。

(・・・でも平日の狩り時間は30分w)

本日のBGM:AMON DULL Ⅱ『PHALLUS DEI』
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 
停滞中
2008-10-01 Wed 21:46
毎回書いてるような気がしますが・・・

このところ平日の狩り時間が短いせいで、LvUPもかけら集めも停滞中です。

何とか

081001-01

1週間で1Lv上げるのがやっとですね。

10月に入り、半期の〆が終わって一段落したことですし、少しずつでもペースを上げて行きたいところですが、どうなることやら。

とりあえず、頭の強化でロシペルさん詣でを続けたおかげでかなり資金が目減りしてますので、その分を補充しないとだめですね。Gvや攻城戦で使用するための心臓やフルチャはモリネル5Fで調達すればいいので、戦費の捻出に悩むような状況にはならずに済みそうですが、まだ装備も色々と強化の余地を残してますし、そのためには何かと先立つものが必要です。

少しでも狩りの時間を長くして、稼ぎませんと・・・。
でも、モリネル6Fと時の森のドロップのまずさはちょっと問題ありですね^^;

本日のBGM:PAT METHENY GROUP『OFFRAMP』
別窓 | 雑記 | コメント:2 | トラックバック:0 
| Wizのうわごと、天使のたわごと |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。