MMO「RED STONE」Black Opalで活動するWizの日記
http://pervenche.blog70.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
蜜蜂
2009-02-27 Fri 22:14
12人の使徒を倒して合成に関する書を手に入れたキルくん、古都へ戻ってナルテミル老と会っています。

090227-01

次なる任務は蜜蜂採りだそうで・・・。

レッドアイも資金不足みたいですし、いちいち蜜蜂を捕まえに遠隔地へ行くよりも、どこかで栽培して蜂蜜を売って資金源にすることを検討してみたいところです。

いや、しかし一度蜂蜜を集めに行った時の幹部達の執着の度合いを考えると、RED STONEの探索という本来の任務がおろそかになり、いつのまにか蜂蜜の製造が本業になってしまう可能性も十分考えられます。それはそれで社会の役に立って団員みんなの懐が潤うなら許されるような気もしますが、その是非は幹部のみなさんに考えてもらうとしましょう。
あるいは幹部達は蜂蜜の誘惑の大きさを知っており、自らあえてその道を断っている可能性もありますしね。

ともかく、キルくん、今度は蜜蜂集めに向かいます。

090227-02

キルくんの思考を追っていくと何だかスケールの大きな話になりそうですが、クエ自体はただ100匹狩ればいいだけですので、簡単にアップです。

090227-03

そしてナルテミル老に捕まえた蜜蜂を渡します。
お褒めの言葉を頂いた後は、会長のお呼び出しを受けてスウェブタワー最上階へ。

で、開口一番が

090227-04

・・・。
アナタもですか・・・。

組織に不平を抱きつつも命令には従順に東奔西走し、徐々に擦り切れていくキルくんの背中に憂愁の色が濃く宿ります。働けど働けど報われず日々困窮の度合いを深めていく彼こそは、RED STONE界のプレカリアートと呼ぶべき存在なのかもしれません・・・。

本日のBGM:DOKKEN『LONG WAY HOME』
スポンサーサイト
別窓 | メインクエスト(キルペリク) | コメント:0 | トラックバック:0 
使徒
2009-02-25 Wed 21:38
どうにか食人スコーピオンのしっぽを集め終わったキルくん、それをブリオさんのところへ届ける為、一時古都へ帰還です。

090225-01

そしてその後、会長のお呼び出しを受けてスウェブタワーへ。

090225-02

あのですね・・・。
はっきり言って

組織として非常に効率悪いです!

秘密組織だから分散するのは分かりますが、分散するなら、幹部も一所に寄り集まってないでちゃんと分散しないと、攻撃されたら一網打尽でしょうが!
秘密性よりも組織の効率的な運営を優先するなら、アナタだけおかしなところに浮いてないで、ちゃんと大人しく幹部達と一緒に地下に潜伏してなさい!!

と心の中で叫ぶキルくんでありました・・・。(嗚呼、哀しきチキンハートw)

090225-03

結局、会長に逆らえないまま、カルスさんを巻き添えにし、

090225-04

ゲールさんにこっそり内情をリークして

090225-05

再びオロイン森に戻って使徒と対峙します。(カルスさん、どこへ行ったんでしょうね・・・?)

この使徒たち、光抵抗はどうやら100%↑ある様子です。SSを取り忘れてしまったのですが、最初強化十字架を装備したままの状態で攻撃をすると、全く相手にダメージを与えることができませんでした。上のSSは弱化十字架に換えてからのものです。

食人スコーピオンの時と違って、今回はドロップ率は100%。
12体の使徒を倒すと

090225-06

崖上に転送されます。目の前の墓標に触れると、合成に関する書が現れ、任務終了です。(助けにきてくれた筈のカルスさんは結局一度も姿を見せませんでした・・・。)

本日のBGM:Richie Beirach Trio『Summer Night』
別窓 | メインクエスト(キルペリク) | コメント:0 | トラックバック:0 
オロイン森
2009-02-23 Mon 22:59
ジュリアースさんの命令に従ってはるばるオロイン森まで来たキルくん、食人スコーピオンのしっぽを集めるために狩りに勤しみます。

090223-01

Lvの割になかなか硬いうえにドロップもあまり良くない模様です。
Wizで一度経験しているとはいえ、Wizでメインクエ3を開始したのは640になってからでしたので大して苦にならなかったのですが、実際このLvでやってみると結構ハードルが高いですね・・・。

まともに攻撃を受けるとLv差があるとはいえかなりのダメージを受けますので、距離を取ってホルモンで縛ってから血羽で攻撃し、一匹ずつ確実に仕留めていきます。

が、それにしてもドロップが悪いです・・・。

090223-02

関係ないものはぼろぼろ出ますが^^;

その後もドロップのペースは変わらず、苦戦は続きます。むしろドロップの間隔は広がる一方。最初は10匹に1個ぐらいの感じだったのですが、とうとう20匹30匹と狩っていってもドロップしない状態に・・・。

今日はもう諦めて出直したほうが良さそうと考えはじめた頃に

090223-03

一気にラッシュが来て無事UPですw

メインクエ3はなるべく手短に済ませるつもりだったのですが、結局ここだけで1時間近くかかってしまいましたとさ^^;

本日のBGM:サノトモミ『サイレントフライト』

別窓 | メインクエスト(キルペリク) | コメント:0 | トラックバック:0 
再び探求の旅へ
2009-02-22 Sun 10:17
前回の記事の終わり方で一部の方にはお察しの通り、キルくん、メインクエ再始動です。

090222-01

ゲールさんとの再会。
特に何の感慨もありません・・・。

090222-02

そして会長との再会。
こちらも特に感想は・・・w

090222-03

ということで、命じられるままに下っ端を締め上げてボスの居場所を吐かせて~

090222-04

そして頭を潰す、と。
やってることは完全にヤの鉄砲玉と一緒ですねw
こんなことで人生終わってしまっていいのかと疑問に思うキルくんなのでした・・・。

しかし改めてSSを見てみると、天使の血羽って強いですね。ダメ幅が大きいのが欠点ですけど、CPの運用に問題がなければかなり狩りは楽しいんじゃないかと予想してみたり。

090222-05

任務を終え、こちらもお久しぶりのジュリアースさんとの再会。
新たなる任務を授かり、次は南東方面の辺境、オロイン森へと旅立つのでありました。

本日のBGM:DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN『Structure et Force』
別窓 | メインクエスト(キルペリク) | コメント:0 | トラックバック:0 
道筋
2009-02-20 Fri 21:57
思うように狩りする時間が取れない毎日ですが、次の目標だけはしっかりありますので、具体的な計画(?)など考えてみました。といっても、自分用のメモ書きですが・・・。

Lv700で知識2627に到達するには・・・

現在:Lv689、知識2443

不足しているステータスは184ポイント。

Lv700まで残り11、LvUp毎に自動上昇分1、任意分4のうち3を知識に振るとすると

184-11(1+3)=140

頭に知識比率1/3がついてますので、この上昇分があと4回

140-4=136

これだけを装備で稼がないと、目標に届かない訳です。

まあ、再振りという手を使えば何の苦労もなく目標を達成してしまえますが^^;

狩りに専念させておくには些か過剰な健康を削り取って知識にまわせば、何の問題もなく目標達成してしまうところですが、できれば今のビルドは崩したくないところ。対人戦休止中のリアルボではありますが、攻城戦やGvを行うことを考え、常に即応態勢にしておきたいという思いがあります。故に、今に至っても1Lv毎にステータスを1ずつ健康に振っている次第です。

とは言うものの、青増幅の連続で手持ちの資金は乏しく、メインの狩場になっている時の森のドロップには全く期待が持てないときていますから、装備を換えて一気に強化を図るというのも難しい相談です。

そういう訳で、地道に手持ちの装備をいじっていくしかなさそう。ここで必要になるのが頭の知識比率の1/3から1/2への再構成です。これに成功すればLv700の時点での知識上昇は

700/2-700/3≒117

これだけステータスを稼ぐことができますので、一気に楽になりますね。これで目標までの残りは19になります。

残り19を稼ぐには・・・

1.メインクエ5で天上界へあと4回
2.メインクエ5で天上界へあと2回、3回目にRED STONEを作って確保しておく
3.杖の知識OPを増幅。現在Lv7(知識+18)が付いていますので、上手く行けば増幅2回で達成。

この3通りでしょうか。1と2はかけらの集まり具合に依存、3はまず頭の再構成を成功させてそれからになりますので資金面にやや不安が残りますが・・・。

今のところは取らぬ狸の皮算用。なるべくスティリコの狩り時間を確保しつつ、再構成と増幅のために頑張ってキルくんにメインクエを進めてもらうことにしましょう^^;

本日のBGM:BLUE OYSTER CULT『SPECTRES』
別窓 | 雑記 | コメント:2 | トラックバック:0 
少しずつでも
2009-02-18 Wed 22:27
相変わらず、あまり狩りに時間を割くことができない毎日です。何しろ仕事の拘束時間が・・・^^;
といっても、次の知識ボーナスがもらえるところまで知識を上げるという目標がありますので、一応毎日少しずつは狩りをするようにしています。

時の森はドロップも悪くRED STONEのかけらも出にくいもののLvだけはすぐに上がる、と言われてますが、人の集まる場所やPTを避け、あえて不向きな狩場で細々とソロをする分にはどこでやっても大して変わらないかもですw
ぴよ♪さんとモリネル6Fで狩りをする時も、効率とかを考えてやっている訳ではありませんし・・・。

そんなわけで非常にスローペースではありますが、ようやく

090218-01

LvUPしました。

700まであと11、このまま1週間1Lvのペースを守れるかどうかは怪しいですが、順調に行けば5月半ばぐらいには大台に届くかも知れません。

それまでには知識も目標の2627に届くようにしたいですね。

本日のBGM:GNIDROLOG『IN SPITE OF HARRY’S TOE-NAIL』
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 
次は何?
2009-02-16 Mon 22:24
前回より1ヶ月近くかかってしまいましたが、ようやくRED STONEのかけらが50個集まり、今年2度目の天上界を目指すことになりました。

同道するは毎度おなじみうさぎさんです。

うさぎさん、なにやらお爺ちゃんに届け物があるそうで、まずは二人してベリンお爺ちゃんのところへと向かいます。そしてお爺ちゃんを見つけるやいなや

090216-01

叫びつつ、キャンディーを投げつけています。

手渡しなら確かにプレゼントでしょうが、オーバースローで思いっきり振りかぶって投げる様はどう贔屓目に見ても老人虐待にしか見えないような気が・・・。

しかも

090216-02

こんなこと言ってましたw

次に懺悔の部屋へ行くのがいつになるかは分かりませんが、老兵ベリンの復仇編を期待しましょうw

さて、こうした余談はともかくとして、前回でHP10回目を終えましたので、次にもらう報酬を何にするか悩みどころです。

CP効率をもらって更にCPを増加させるか、ステータスをもらうか、2者択一でしたが

090216-03

CPは首の増幅が完了したおかげで十分な量を確保できるようになりましたので、今回はステータスをもらうことにしました。課題となっている火力強化に少しでも貢献できるよう、もらった5ポイントは全部知識へまわします。

RED STONEのかけら集めもかなり時間がかかっている現状ですので、かけらが出なくなるまで残り何回天上界へ行けるかは分かりませんが、集まればまた天上界へ通い、ステータスをもらうようにしたいと思います。

本日のBGM:AJICO『深緑』
別窓 | メインクエスト5 | コメント:0 | トラックバック:0 
安定性
2009-02-15 Sun 08:33
ぴよ♪さんの全面協力により、というか全面依存により、ようやく首の増幅が完了しました。

090215-01

最近の流行で行くならOPのうち一箇所は比率を入れ、ステータスの総量を稼ぐ方向に持っていくのでしょうが、私の場合は古典的にスキル+HP効率+CP効率です。

回避ビルドの場合、敏捷+運といった素のステータスで勝負する要素が大きいですので、比率の付く部位には極力比率を取り入れて行くインセンティブが大きいのですね。私の場合は回避を放棄して全弾命中がデフォ(!)ですので、相手の攻撃を受け止める為に何よりもまずHP効率、そしてNo Pot狩りを目指す身としてのCP効率です。

これでフォーベガ時の最大CPは3144、ウォーターキャノンの最大連射数を計算してみますと・・・

ウォーターキャノンを使うための必要CP量が120ですので

3144-120=3024

前回まで、最初の引き算はフォーベガ前提分の60を使っていましたが、スキル発動の前提条件を考えると必要CP量が多いこちらを使ったほうが実戦的ですね。(仮にフォーベガ前提分CP60以上確保していても、残CPが61~119の場合はウォーターキャノンは撃てませんので^^;)。

SLv90時のウォーターキャノンの消費CPが525、獲得CPが360、フォームガードで獲得CPが25%増加しますので

525-360*1.25=75

これが一回当りの実質CP消費量です。(正常に獲得が為されれば、というお話ですがw)
そしてこの数字で上述の実質消費可能CPを割ると

3024/75=40.32

ということで、40連射が可能になりましたw

まあ、実際には連射してますとCP獲得がエラーになったり、かなり遅れて獲得されたりしますので、ここまでの連射はほぼ不可能です^^;

安全圏と言えるのはせいぜい半分の20連射程度でしょうか。今や遅いと言われる6フレでさえこの有様ですので、仮に杖を換えて5フレになると計算上の秒間ダメージは増えてもCP運用がかなり不安定になりそうな感じですね。

青狩りなら気にする必要はありませんが、No Pot狩りの場合はCP運用の為にミニペットを今の光ツインから闇ツインに変えなければ運用し切れないでしょうから、スキル-12、知識-60で一撃当りの威力が大幅に低下してしまいます。それでもミニペット任せのCP運用には不安が残りそうですし・・・。結局フレーム速度が上がって上昇した秒間ダメージの大部分が相殺され、なおかつ安定化にも懸念が残ったままという状態になりそうです。

こうなると無理に5フレにしてしまうよりも、遅くても安定した6フレ狩りを~というのが選択肢としては一番妥当になってきます。傍目には5フレ以上攻撃速度を上げてばしばしMOBを倒していったほうが格好いいのですが^^;

何はともあれ、目標のCP総量確保はこの首の増幅で達成です。これからの目標は、抵抗が高くHPが多い時の森のMOBに対抗できるだけの火力を持つことですね。(そこでまた攻撃速度の問題が出てきそうな気もしますが・・・)。

本日のBGM:PRAYING MANTIS『TIME TELLS NO LIES』
別窓 | 雑記 | コメント:2 | トラックバック:0 
次の段階
2009-02-13 Fri 21:39
バトンさんのヴァンパイアに遊んでもらって満足したキルくん、言いつけ通りタトバ山で狼狩りです。

090213-01

ダイアーウルフの犬歯を10個集めてくるのが今回の指示の内容。Lvこそ低いものの、この狼、かなり凶暴です。150Lvほど差があるにもかかわらず、まともに攻撃を受けるとかなりの痛さです。

ということで、ホルモンで縛って一方的に攻撃するという天使ならではのズルをw

かくして犬歯を10個集め終わり、会長のもとへ。

090213-02

そして預かった材料を全て持って、メデスさんに会いに行きます。

090213-03

メデスさんが材料を封印する準備をしている間、キルくんはこっそりとゲールさんにこれまでの経緯を報告にダメルへ・・・。

090213-04

今日のゲールさん、何故か往年の古葉監督の如く体の半分を隠しての登場です。どうしてこのゲールさんという人は自分で何もしないのにこんなに偉そうなんだろう、と思わなくもないですが、ストーリーの進行の都合上、素直に言う事を聞いておきます。

が、しかし、素直に拝聴していたら時間が経ち過ぎて、戻った時には既に文書は封印された後・・・。

ゲールさんが次の一手を考える間、キルくんはしばしの休暇となりそうです。(こうなったのはゲールさんの長広舌のせいだ、なんて口が裂けても言えませんw)

090213-05

本日のBGM:TIMESLIP-LANDEZVOUS『REALITY』
別窓 | メインクエスト(キルペリク) | コメント:0 | トラックバック:0 
出番がない・・・
2009-02-11 Wed 10:36
それは日陰者の宿命・・・。

という訳ではありませんが、どうしてもメインのWizが中心となってしまい、放置されることが多いキルくんです。

090211-01

不遇な扱いにもめげず、今日もメインクエに挑戦です。一向に進まなかったメインクエ2、ようやく終盤に差し掛かってきました。

今日のキルくんは長駆スバインビーチまで行って、ウンゲホの爪を取り上げ、

090211-02

テレットトンネルで火鬼に対して日頃の鬱憤をぶつけ

090211-03

蜘蛛の巣を手に入れるという口実の下、木妖精の庭園を荒らしまわり

090211-04

大墓でゾンビと戯れ、その名に恥じぬ悪行を繰り返します。

※キルペリクの名の由来はメロヴィング朝フランク王国の祖クローヴィスの子クロタールの末子キルペリク1世より。あまりの悪行三昧に同時代の聖職者から「当代のネロでありヘロデである」と評されましたw

090211-05

そしていよいよ、最後の材料集めに臨みます。

が、ここでつい遊びゴコロが・・・。
バトンさんの後ろで檻に入れられているヴァンパイア、これってひょっとして攻撃できるのでは・・・?

思いつくと試さずにはいられませんね。早速あれこれ試してみますが、檻が邪魔をしてどうやら直接攻撃は無理。ではこれではとホリクロ・ジャッジのような範囲攻撃をやってみますが、こちらも無理でした。
では、と取り出したのが、普段は移動の際に邪魔になるので切っているこのスキル。

090211-06

元々Gv向けバトルタクシーとしてスタートしてますので、火力の低さはご愛嬌w
このスキルをONにして、檻に近付きますと・・・。

090211-07

攻撃できましたw

満足したキルくん、最後の材料集めを行うべく、タトバ山へと飛び立つのでした。

本日のBGM:RIOT『NARITA』
別窓 | メインクエスト(キルペリク) | コメント:0 | トラックバック:0 
とりあえず
2009-02-09 Mon 22:20
前回述べましたように、火力不足を認識しつつ狩りを続ける毎日です。

火力を上げるには、

①Lvを上げて獲得したステータスで知識を上げる
②RED STONEのかけらを集め、天上界の報酬でステータスをもらって知識に振る
③RED STONEのかけらを集め、増幅・再構成によって装備を強化する
④狩りで資金を稼いで、異次元に注ぎ込む

という4通りのプランがありますが、なかなか一気に問題解決とはいきそうにありませんね。

Lvを上げて知識に振っていくのは確実ですが時間がかかり過ぎる、天上界の報酬は1回あたりもらえるステータスは5で、かけらを集めるのに3週間以上かかっている現状では同じく時間がかかり過ぎるきらいがあります。

増幅・再構成で一気に強化といきたいところですが、これもかけら集め次第ですし、しかも首のCP効率をLv6まで上げて完成させないことには先へ進めない状態です。増幅で1回3億、再構成で1回1億ですので資金的な問題もクリアしなければいけませんしね。モリネル6Fや時の森のドロップでは、これらの資金を賄うのもなかなか苦しいところがあります。

異次元は成功すれば一気に大躍進が望めますが、失敗すると目も当てられないことに・・・。

と、色々悩みつつも

090209-01

とりあえずは今週分のLvUP。
少しずつでも目標に近付けていきたいものです。

本日のBGM:MAGNUM『KINGDOM OF MADNESS』
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 
再度強化策を
2009-02-08 Sun 08:10
回避の考察にかまけてすっかりおろそかになってしまいましたが

090208-01

WizはこのLvになりました。
相変わらず1週間に1Lvのペースです。

ソロでは時の森の第2ステージ、ペアではモリネル6Fを使っているのもこれまで通り。
モリネル6Fはかけらが出ないMOBがかなり増え、経験値も減ってきました。そろそろ時の森に完全移転を考える頃合かも知れませんね。それでもまだかけらを出してくれるLvのMOBも多数ありますし、時の森に比べて数を狩れるという便利の良さから、完全に離れる決意がつかないまま引っ張っています^^;

一方の時の森第2ステージですが、こちらも全く問題なしとはいかないのが現実です。
モリネル6Fでは二人でまったり狩っていますのであまり気にはならない(まったり狩っているのは私だけで、私が手を抜いている分ぴよさんが大変な気もしますがw)のですが、時の森第2ステージでは依然火力不足が目立っています。

当然のことながら、狩り始めた当初に比べるとかなり改善はされています。それなりに火力は上がりましたし、CPも増えて安定性も増してきました。が、実際にこのぐらいになれば~と思って設定したところまで持ってきてみると、まだまだなんですね。
スタートした当初は、元々抵抗が高くHPも多いMOBが対象だから効率が劣るのは仕方ないと思っていましたが、普通に狩れる段階まで来ますと、どうやら欲が出て更に上を目指したくなってきた模様です。

バッサを履いてしまえば一気に世界が変わってしまいそうですが、今更の感もありますし・・・。「ネタを地でいくキャラ」(ひまわり☆さん談)として黄金ブーツを脱ぐわけにいかないというおかしな意地もあり、より実用的な理由として、バッサにしてしまうと防御が1000以上下がってしまうという問題もあるのです。(勿論、1000という数字の持つインパクトを利用した口実作りですので、黄金ブーツと同じように防御効率をエンチャしてしまえばいいんじゃないの?という意見は黙殺ですw)。

とりあえず、目先の目標として次の知識ボーナスが付く2627まで知識を上げて行きましょうかね。今の知識が2430ですのでまだ200ほど上乗せする必要がありますが、装備の見直しを含めて考えていこうと思います。(自分自身で作った制約が多すぎるんだよなあ、というキャラ自身のぼやきが聞こえてきそうw)。

本日のBGM:DREAM THEATER『OCTAVARIUM』
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 
疑問は続く、どこまでも
2009-02-06 Fri 22:04
色々と書いてきましたが、正直、ここで書いていることというのは枝葉の部分に過ぎない訳で、命中・回避の仕組みというのは未だはっきりしていないのですね。

疑問点を羅列しておきますと

1.敏捷による命中率・回避率の変動の度合いは?

2.運による命中率・回避率の変動の度合いは?

3.敏捷・運の最適なバランスは?

4.装備による命中率・回避率補正のベースとなる値は何か?(簡単に言うと、ベースになる値は敏捷だけなのか、敏捷+運の合計数字なのか)

5.スキル、ギルドスキル、ギルド石像の補正についてはどうか?

1、2については、はっきり分かっているのは高ければ高いほど良いということだけ。比例増加なのか収穫逓増なのか収穫逓減なのか、はたまた特定の数字でボーナスのようなものがあるのか。単純に直線的になっているようには見えないし、とりあえず収穫逓増という線もなさそう。収穫逓減というのは一見納得できそうな気がしますが、何となく違いそうな気もします。

運のみについては400刻みで大きく変化があると言われていますが、それがどの程度のものなのかもはっきりしていないのが実情です。命中・回避が相対的なものという点が、こうした判り辛さを更に増していると思われます。

3については、敏捷極でもダメ、運極でもダメ、どちらもある程度バランスよく振っていないと思ったような命中・回避の成果が得られない、という意見が多く見られます。ですが、ではどういったバランスが最適なのかというとこれも様々な意見があり、どの意見も実体験が絡んでいることもあって、にわかには判定し難いものがあります。

4と5については、私のリサーチ不足の為、全く不明です。

この他にも考えていると色々と疑問が出てきそうですね。

命中・回避に影響するファクターだけでも、敏捷、運、Lv、キャラクター固有の命中・回避率、装備による命中・回避補正、スキルによる命中・回避補正、ギルドスキルによる命中・回避補正、ギルド石像による命中・回避補正、もしかすると職業の組み合わせによって命中率の変動があるのかも知れませんし、攻撃が単独の場合と複数の場合で変わる可能性もあります。

命中・回避は相対的なもの。余計な要因を取り除き、単純に敏捷と運の関係に絞り込んだところで未だそれすら解明されていない訳でして・・・。
一つ一つの要因を解きほぐして影響の度合いを確かめ、公式に組み込んでいくとなると、それだけでサービス停止までかかってしまうような気もします。一つ疑問を解消したと思ったら、すぐにまた新しい疑問にぶつかる、トンネルを抜けるとそこは無明荒野だった、なんてことになりそう。

結局のところ、経験則を積み重ねて「おそらくこんなものだろう」というところに近付けていくしかなさそうですね。

本日のBGM:BLACK SABBATH『THE ETERNAL IDOL』
別窓 | 回避について | コメント:0 | トラックバック:0 
比率OPについて
2009-02-04 Wed 21:31
現在の仕様においては、攻撃側が回避補正値無視の付いた装備を持っていれば、攻撃側の命中補正+は適用されるのに、防御側の回避補正+は適用されないという些か奇異な状況が発生することになっています。

私自身は、元々回避ビルドでやっていた人達の大半はこの仕様の中で既にかなりの回避率を達成しているのであり、さほど悲観視する事態ではないとのスタンスを取っています。しかしながら現状がはっきり認識されたことで、回避は半ば放棄しながら命中率は維持しつつ火力を向上させるというビルドが選択肢として挙がって来たこと、これまで当らないと諦めていた相手に対して命中させてやろうとするインセンティブを火力職に与えたことは確かでしょうね。

対する回避側が攻撃側に対してアドバンテージを得ようとするなら、Lvや敏捷・運において相手を上回るより方法はありません。まあ、元々対人戦において装備の回避補正値+による回避率上昇を期待していた人はごく少数でしょうから、ここで私がこうしたことを述べるのは釈迦に説法という気もしますが・・・。

回避ビルドを目指す人にとっては、ステータスの量を稼ぐことは勿論、それをいかに効率よく配分するか重要ですね。特に比率の付く部位を把握しながら進めるのと、適当に装備を集めて行くのでは、トータルの仕上がりにかなり差が出てくると思われます。

ここで再確認の意味も含めて、各部位につく比率OPを記述しておきます。

<片手剣・両手剣・鈍器・牙・弓・槍・投擲>
力:Lv2 敏捷:Lv2 健康:Lv2 運:Lv2 知識:不可 知恵:不可 カリスマ:不可

<翼・杖・笛・スリング・ステッキ・鞭>
力:不可 敏捷:不可 健康:不可 運:Lv2 知識:Lv2 知恵:Lv2 カリスマ:Lv2

<盾>
力:Lv1 敏捷:Lv1 健康:Lv1 運:Lv1 知識:不可 知恵:不可 カリスマ:不可

<刺青・ブローチ>
全て不可

<矢・ボトル・弾丸>
全て不可

<首>
力:不可 敏捷:不可 健康:不可 運:Lv2 知識:Lv1 知恵:Lv1 カリスマ:Lv2

<頭(兜系)>
力:Lv1 敏捷:Lv1 健康:Lv1 運:Lv1 知識:不可 知恵:不可 カリスマ:不可

<頭(冠系)>
力:不可 敏捷:不可 健康:不可 運:Lv2 知識:Lv2 知恵:Lv1 カリスマ:Lv1

<背中>
力:Lv1 敏捷:Lv1 健康:Lv1 運:Lv1 知識:Lv1 知恵:Lv1 カリスマ:Lv1

<耳>
力:Lv1 敏捷:Lv1 健康:Lv1 運:Lv1 知識:Lv1 知恵:Lv1 カリスマ:Lv1

<腰>
力:Lv1 敏捷:Lv1 健康:Lv2 運:Lv2 知識:不可 知恵:不可 カリスマ:不可

<手(グローブ系)>
力:Lv2 敏捷:Lv1 健康:Lv1 運:Lv2 知識:不可 知恵:不可 カリスマ:不可

<手(バングル系)>
力:不可 敏捷:不可 健康:不可 運:Lv2 知識:Lv1 知恵:Lv2 カリスマ:Lv1

<一般鎧>
全て不可

<職専用鎧>
力:Lv1 敏捷:Lv1 健康:Lv1 運:Lv1 知識:Lv1 知恵:Lv1 カリスマ:Lv1

<靴>
力:Lv1 敏捷:Lv2 健康:Lv1 運:Lv2 知識:不可 知恵:不可 カリスマ:不可

リサーチ不足で多少間違いあるかもですが、大体こんなところです。

勿論攻撃側も同様にしてステータスの量を増やしてくるでしょうから、一気に道が開けるという訳ではありません。しかしながら、攻撃側の心理として必要以上に敏捷と運に振るのは避けたいところ。あまりに敏捷と運に振ってしまうと攻撃力が低くなり過ぎ、当っても倒せなくなるのではとの懸念が働きます。ましてや今や命中補正優位の時代、多少敏捷や運を削ってもそれなりに命中率はキープ出来そうな気がします。

こうした心理的な陥穽が火力についてまわる限り、攻撃側の優先順位は基本的に力>敏捷・運でしょう。一方回避側の優先順位は何よりも敏捷と運。そして命中・回避の関係は相対的なもの。ここに付け入る隙があるように思われます。自分よりもLvも上で装備も整っている相手からの攻撃を避けるのはかなり困難ですが(これは現在の仕様が周知の事実となる前からですが^^;)、同Lv帯以下の相手なら十分回避ビルドが活躍できる余地はあるのではないでしょうか。

本日のBGM:ANGLAGARD『EPILOG』
別窓 | 回避について | コメント:0 | トラックバック:0 
命中補正優位時代の装備(アーチャー編)
2009-02-02 Mon 21:57
前回剣士の命中補正装備を見てみましたが、今回はGvにおける火力のもう一方の雄(女性ですので雄はちょっとおかしいでしょうか・・・?)の物理アチャを見てみましょう。

剣士の場合は、どこに回避補正値無視を付けるかということが悩みの一つでしたが、アチャの場合は実はあまり選択に悩む部分がないのです。
以下に装備を挙げてみましょう。

<U、DXU装備>

弓:ハイフィデリティ(Lv535、命中率補正値大幅向上)、ハープニードル(Lv691、命中率+5%)、六糸烈撃弓(Lv600、命中率+5%)

矢:スタビライザー(Lv40、命中率+5%)、ホークアイ(Lv99、回避率補正値無視)、火箭(Lv624、命中率+5%)、ヘビィデューティー(Lv754、命中率+10%)、片箭(Lv847、回避率補正値無視、命中率+20%)

首:迷える追跡人(Lv411、命中率+7%)

頭:ダークバイザー(Lv149、回避率補正値無視)、放浪のメロディー(Lv318、命中率+20%)

耳:ファインウィスパー(Lv38、命中率+2%)

腰:

手:百八煩悩(Lv361、命中率+4%)、お父さんの手(Lv107、命中率3%)

鎧:バイタルシーカー(Lv540、回避率補正値無視)、ダイヤモンドレザー(Lv62、命中率+1%)

靴:

090202-01

<付加OP>

耳:~Lv2(2%~3%)

他の部位は前回剣士編と重複する為割愛

前回同様、余り使われそうにないものも入っていますが、そこはご愛嬌ということで^^;

さて、では改めて装備を見ていきましょう。

まずは回避補正値無視を付ける部位です。選択肢としてはホークアイ・片箭(矢)、ダークバイザー(頭)、バイタルシーカー(鎧)の3箇所ですが、装備の自由度や他の装備との兼ね合いを考えますと、余程特定の矢に対するこだわりを持たない限りは、ホークアイ → 片箭の流れで矢を選ぶ方が大半だと思われます。

弓に関しては命中率補正のつくものが3種類あるのですが、この3種類、あまり使っている方にお目にかかったことがないのが残念。ハイフィデリティを使うLv帯ですとウォーターメロンで粘って千鈴まで繋いでいるのでしょうか・・・。ハープニードル、六糸烈撃弓を使えるLvになればデビルマシンガンや角の弓を選択しそうですしね。最近対人戦に疎くなってきてますから、私が知らないだけかもですが^^;

首の追跡人は前回剣士のところでも触れましたが、異次元前提としても、ベースの価格が下がっていますので、使う人が増えてきそうな気がします。頭は、回避率補正値無視を矢に持ってきた場合にはダークバイザーはないでしょうから、強いて命中率を追求するなら放浪のメロディーを装備するでしょうか。ですがバイザーと同様、こちらも異次元でHP効率を付けたとしても上限が40%ですので、実戦に適しているかどうかは疑問符が付きそうです。

耳、手、鎧はおそらく上記のU、DXUでの選択はないでしょうね。耳はU・DXUで優秀なベースになり得るものが多いですし、手はスクリュー~ロングビルでほぼ一択と思われます。鎧はといいますと、トロルやドレイクを選び、力を稼いで火力を上げようとする人が多いような気がします。

ということで、アチャで命中率重視の装備にする場合、矢に回避補正値無視を持たせて、命中率が低いと思われる場合は首、それでも足りなければ頭で命中率を稼ぎにいくという形になりそうです。実際のところ、アチャは敏捷が自動上昇ですから命中に関係するステータスが比較的稼ぎ易いこと、瞑想による命中補正+があることを考えますと、あえて防御・HPを削ったり火力を落としてまで命中率+装備を持ってくるインセンティブには乏しいように思えます。

それにしても、今やTOPクラスのLvの人はバッジ装備をすれば角の弓や片箭を装備できるところまで来てるんですよね。(角の弓は既にバッジ必要ないって人もいそうですね)。片箭については、これ一つあれば他に命中補正+が必要ないぐらいの性能を持っていますから、現在の仕様で最も恩恵があるのは高Lvの物理アチャさんなのかも知れません。

(前回同様、本職の方から見ればツッコミどころ満載でしょうが、他職から見たイメージということで大目に見て下さい^^;)

本日のBGM:ORION THE HUNTER『ORION THE HUNTER』
別窓 | 回避について | コメント:0 | トラックバック:0 
命中補正優位時代の装備(剣士編)
2009-02-01 Sun 08:47
前回までの考察で、回避補正値無視OPが命中補正値無視OPを無効化するという現在の仕様が広く認知されたとしても、大幅な変化は起こらないのではないかと予測しました。

とはいえ、味方火力が豊富で優秀な支援に恵まれているとすれば、仕様を最大限に利用して回避補正値無視と命中補正値+の装備を集め、上昇した命中率の分敏捷と運を絞って力に振り、攻撃力を上げて相手を次々に倒して行きたいという誘惑に駆られるかもしれません。(私がそういう立場にあれば、実に抗い難い魅力に感じることでしょうw)。

そこで、実際に回避補正値無視OPと命中補正値+OPがどの部位にどの程度付くのか、ここで改めて確認しておくのは無駄ではないと思います。

<U、DXU装備>

武器:アブソリュートラッキー(Lv685、0.75秒、命中率+2~3%、命中補正値大幅向上)、インダクションキット(Lv574、0.75秒、命中率+1~2%、命中率+14%)、ストームオーバーロード(Lv566、0.9秒、命中率+10%)、スキルレボリューション(Lv670、1.0秒、命中率+6%)、ファタールビューティ(Lv473、0.75秒、命中率+0~1%、命中率+5%)

盾:知識の盾(Lv692、回避率補正値無視)、発掘ナイフ(Lv628、命中率+4%)、バランスドソーサー(Lv438、命中率+4%)、プレシャスロード(Lv640、命中率+3%)

首:迷える追跡人(Lv411、命中率+7%)

頭:ダークバイザー(Lv149、回避率補正値無視)、放浪のメロディー(Lv318、命中率+20%)

背中:

腰:

手:百八煩悩(Lv361、命中率+4%)、お父さんの手(Lv107、命中率+3%)

鎧:バイタルシーカー(Lv540、回避率補正値無視)、カルスのパッド(Lv499、命中率+6%)、ダイヤモンドレザー(Lv62、命中率+1%)、

靴:

指:

090201-01


<付加OP>

武器:~Lv6(+8~10%)

盾:~Lv1(+1%)

首:~Lv3(+4~5%)

頭:帽子系:不可、冠系:~Lv1(+1%)

背中:~Lv1(+1%)

腰:不可

手:グローブ系:~Lv2(+2~3%)、バングル系:~Lv3(+4~5%)

鎧:不可

靴:不可

指:不可

※剣士が装備可能なもので回避補正値無視OPが付くのはバングル系のみ(宝石、水晶の類にはあります)。

一応大体は網羅したつもりですが、多少見落としがあるかもしれません。(とはいえ、パパ手や百八煩悩、ダイヤモンドレザーはないとは思いますが^^;)

こうしてみると、付加OPではあまり大きな補正はありませんので、UやDXUの組み合わせで数値を稼ぐスタイルになってきそうです。この場合、悩みどころは回避率補正値無視をどこに持ってくるかというところでしょう。運よくバングル系のOPに付いていて、それを異次元で攻撃速度と組み合わせるという手もありますが、このOPはジムモリエンチャでは付きませんし、数自体希少だと思いますので可能性としてはかなり低いかなと。

そうなるとバイザー、知識の盾、バイタルシーカーの3択となりますが、最も一般的なバイザーの場合、一番HP効率が稼げる部位でありながら上限が40%しか付かないという難点があります。知識の盾はベースの性能がネックになりそうですね。それに命中率を維持したまま少しでも攻撃力を上げておきたいというのがコンセプトですから、左手剣を使えなくなるというのはかなり辛いものがあります。

となると、異次元でHP効率を付けることを前提にバイタルシーカーでしょうか。とはいえ、鎧はサリーンイントルーダーやドレイクブルームを考えている方も多いでしょうから、防御・HPの兼ね合いもありますが結局バイザーに戻ってくる可能性も高いかもですね。

一番大事な武器は、命中補正値大幅向上OP(昔は絶対命中とかそれに近い名前だったような記憶がありますが・・・)の補正がどの程度なのかは分かりませんが、ベースの差も考えるとアブソリュートラッキー>インダクションキットになるのかなと思います。0.9剣を使いたい方にはストームオーバーロード、少数派でしょうが1.0秒剣派ならスキルレボリューションの一択になってしまいますね。

そして首には迷える追跡人。ただ、単独ですと今はベースの高い運比+HP効率骨首を持っている方も多いですから、そちらのほうが優秀かもです。これも異次元前提でしょうが、登場当初に比べればかなり価格もこなれてきていますので、挑戦する人が増えそう。(運比1/2+HP効率Lv6+攻撃速度の3OPがついた追跡人なんて一度見てみたいものですw)

その他の部位はあまり大きな補正が付かないので、大きく装備が変わるとしたらこの程度でしょうか。

剣士の場合は回避補正値無視と命中補正+OPを組み合わせるといっても、回避補正値無視をどこにもってくるかで結構他の装備の選択肢が変わってきそうです。そこにその人なりのスタイルの違いが出てきて、面白そうですね。(コストは全く考えてませんので、この通り揃えていこうとするとお金に羽が生えて飛んで生きそうなことになるかも・・・)

本職の方から見るとおかしな点もありそうですが、大幅な変化は起こらないと言いつつもこうした妄想は大好き~という無責任男の戯言ということで一つお目こぼしを^^;

本日のBGM:GRAND PRIX『SAMURAI』
別窓 | 回避について | コメント:0 | トラックバック:0 
| Wizのうわごと、天使のたわごと |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。