MMO「RED STONE」Black Opalで活動するWizの日記
http://pervenche.blog70.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
戦訓と迷い
2009-06-29 Mon 23:21
今月の頭に、これまでの攻城戦での経験を踏まえて、一部OPの入れ替えによる防御面での強化を行いました。これは多少の成果は収めたものの、高Lv物理火力に対する防御力の低さ、そしてHPの不足といった状態を解消するには至りませんでした。

前回の攻城戦において、この欠点は再度暴露される結果となりました。高Lvの物理火力の攻撃の前に、自ギルドの他のメンバーを守るどころか、鋭鋒を避けて生き延びるのに精一杯という状態に終始してしまいました。小手先のOPの入れ替えでは最早不十分で、戦訓を踏まえた装備の改善に乗り出す必要性を実感させられました。

そしてピックアップされたのがこの部位。

090629-01

健康比率と火・水抵抗を備えた腰は、それほど悪いものではありませんが、今の時代においては比率部分が1/3というのは褒められたものでないことも確か。健康比率を1/2にすることで防御面を大幅に強化することが課題となりますが・・・

この場合、取り得る方法は二つ。
現在の腰を再構成するか、それとも腰そのものを交換するか。

現在の腰を再構成する場合、まず問題になるのがコスト。Uの再構成は1回5億かかる上に、必ずしも成功が保障されているものではありません。そして、基礎防御の低さ。折角黄金ブーツを装備するために力を過剰に振っているのですから、基礎防御が高いベースを検討する余地は十分にあります。

一方、火・水抵抗ともに40%を腰だけで稼ぐことができているというのはかなりのメリットです。今後新Gvフィールドの実装に伴い、これまで以上に魔法抵抗が要求されますので、この部分の抵抗を維持できれば、今後装備を見直す際にも大きな自由度を確保できます。

腰を交換する場合は、最初から1/2になっているものを購入するのですから、失敗を懸念する必要はありません。そして新規調達のコストは再構成1回分よりも低く抑えることができます。更にはベース自体を上位のものにできれば、キャラの基本防御そのものを引き上げることが可能です。

しかしながら火・水抵抗が一気に40%低下してしまいますので、当然ながら魔法抵抗に関して大きな問題点を抱えることになります。新Gvフィールドの実装、更には将来的に起こるであろう装備による抵抗弱化制限の撤廃を視野に入れた場合、この低下部分をどこで補うのか。

どちらを選択するにしてもメリット・デメリットが伴いますが、優先順位と資金状況を睨みつつ、どちらを取るか悩む日々がしばらく続きそうです・・・。

本日のBGM:DEEP PURPLE『MACHINE HEAD』
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 
完敗
2009-06-28 Sun 09:08
不調に終わったポイント戦。
ポイント戦の順位が低ければ、それだけ強い相手と当る可能性が高いわけでして・・・。

090628-01

うん、やっぱりね・・・。
TOP火力は軽く700を超えていて、大半が秘密卒業Lvというギルドさん。確か休止中のギルドの戦力を吸収して増強してたなあ、と思いつつ仕事に向かいます。




そして戻って来て戦闘準備。
相手が相手だけに、その緊張感たるや

090628-02

うん、まったくいつもと変わりませんね^^;
製作関係者が聞いたら本気で怒り出しそうな話題で盛り上がってたりw

そうこうしている間に時間が来て、フィールドにINします。
リアルボの戦力は丁度1PT。相手の戦力も1PT強といったところですが、数の面ではそれほど遜色なくてもLvの差は歴然としてます・・・。

案の定、接触と同時にリアルボの戦線は崩壊。一方的に押しまくられる展開となりまして

090628-03

城門を抜かれてから、各拠点も確実に破壊され、一気に紋章まで迫られます。ホールからの登場ポイントも押さえられて、完全に分断されてしまいました。
SSの通り、何人かは見えていますが、周りには高火力の透明さんたちが警戒線を張っています^^;

私も同Lv以上の火力に対抗するにはまだまだ実力不足と実感。
複数からの同時攻撃を受けて食い止めるには防御もHPも不足していますし、抵抗の高い人は少なかったように見えましたが、それでも花のない状況でアーチの傘の下にいる人に対しては攻撃力は皆無に等しい状態。何とかアーチの圏外に引き出そうとしますが、相手の攻撃も厳しく上手くいきませんでした。

結局、まるで歯が立たずに陥落。
また来週から出直しですね。

本日のBGM:UFO『MISDEMEANOR』
別窓 | ポイント戦・攻城戦 | コメント:0 | トラックバック:0 
及ばず・・・
2009-06-26 Fri 22:38
先週は僅か3名のみで行う破目になってしまったポイント戦ですが、今回はどうなったでしょうか?

090626-01

喜ばしいことに、6名の参加となりました。
参加人数も倍増ということで、再開後初のホールLv3挑戦に臨みたいところです。

しかしながら、結果はやや低調・・・。

1回目
第1ステージ:875,360
第2ステージ:2,389,440
第3ステージ:3,407,280
第4ステージ:5,027,120
第5ステージ:5,060,720

2回目
第1ステージ:882,240
第2ステージ:2,396,720
第3ステージ:3,413,360
第4ステージ:5,032,320
第5ステージ:5,065,920

目立った大きなミスはなかったように思ったのですが、第1・第2ステージでの得点の伸び悩みが響いた模様です。

これは再開以来ずっとつきまとっている問題で、序盤の不調をそのまま最後まで取り返すことが出来ずに終わってしまうケースが多いように思います。実は2回目は序盤に少し新しい試みを行ってみたのですが、第1ステージで若干の伸びを見せたものの、第2ステージでは不発。もう少し新しい工夫が必要になりそうです。

本日のBGM:MICHAEL JACKSON『BAD』
別窓 | ポイント戦・攻城戦 | コメント:0 | トラックバック:0 
ゆっくりと階段を上がるように
2009-06-24 Wed 22:08
一時期、ほぼ狩り休止状態にあったWizですが、このところは毎日少ない時間ながらも狩りを継続しております。

090624-01

今やっているのは以前にも触れました通り、立ち止まっての撃ち合い。

テレポによる移動と射撃を交互に繰り返す方式に比べますと、完全に接近戦となりますので、被弾率が高くなり、行動キャンセルとCP獲得エラーの発生する確率も増えているように思えます。更にはHPゲージ、CPゲージの表示が実勢とかなりずれて表示されている為、感覚に頼る部分がかなり大きくなってきたり・・・。

ですが一方で移動によってMOBが散らばることがない為、常にタゲを取っている全てのMOBをキャノンの範囲の中に取り込んで攻撃することができます。集中攻撃を受け止めつつ反撃というシチュエーションは今までとは違った楽しみがあります。

流石に一撃や二撃で死ぬことはありませんが、間断なく5~6体以上のMOBから攻撃を受け続ける訳で、集中力が切れると一気に押し切られる危険と常に隣り合わせです。なので、この狩り方をしている間はじっと画面に集中です。

もっとも、ギルチャが動いているとそちらに注意が行ってしまい、気が付いたらHPもCPも残り僅かの状態になって慌てて逃げ出すということもしばしばですがw

090624-02

そしてLvUP。
1週間に1Lvほどのペースでゆっくりと上がって行きます。

本日のBGM:SAXON『DENIM AND LEATHER』
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 
うさぎさんはそこにいる
2009-06-22 Mon 22:52
本当にかなりお久しぶりですが、RED STONEのかけらがようやく50個集まったので、天上界に行ってきました。

実は今度RED STONEが完成したら、使わずに持っておこうと思っていました。狩りをしていてもなかなかかけらは出ないし、持ちっ放しでステータス+とスキル+の恩恵を受けていたほうがメリットがあるのではないかと考えたり・・・。
ですが、ステータスとかCPとかまだまだ不足している部分も多いですので、結局かけらが出る間は続けることにしました。

そんなスティリコを待っていたのはうさぎさん。

090622-01

暖かい歓迎の言葉をもらいます^^

やはり止めずに来て良かったです。

090622-02

・・・。

やっぱり変わりませんね・・・。

うさぎさんはお爺ちゃんをカツアゲし、スティリコは男爵を締め上げる、相変わらずヤクザな二人の懺悔道を経て、天上界へ。

今回の天上界の報酬はCP増加を選択しました。
これまでの首のOPの増幅等である程度のCP量を確保することは出来ているのですが、立ち止まっての撃ち合いを挑んだ場合には、現在のCP量ではやや不足を感じていたところ。CP獲得エラーや行動キャンセル等が増えて、思った以上にCP量が必要なのです。

更には対人戦になった場合にはフォームのCP獲得に頼ることはできませんから、CP消費の激しさは狩り以上のものとなります。Gvは休止中とはいえ、攻城戦は毎週行いますし、リアルボとして数少ないギルド単位の活動ですから、やるからにはコンディションもしっかり整えておきたいですしね。狩り・対人戦双方における安定性の向上を目指すには、CPを増やすことが重要になってきました。

このまま上位狩場が実装されない状態では、あと何回通えるかは分かりませんが、なるべく多くCPを確保していく方向で動いて行ければ・・・。

本日のBGM:blue velvet『Open~』
別窓 | メインクエスト5 | コメント:2 | トラックバック:0 
包囲・逆包囲
2009-06-21 Sun 09:35
ポイント戦は17位まで下がったものの、際どいところでホールLv2への挑戦権を獲得できました。が、下位になればなるほどホールLv2の得点上位のギルドさんと当るわけで、相変わらず動員数確保に苦労するリアルボとしては、あまり有難くない状態ではありますが・・・^^;

そして当日。
対戦相手になったのは、よく名前を聞くギルドさん。TOP650台、Av450で2~3PT程度の動員能力ありということで、攻城戦では攻撃側有利とはいえ、ちょっと厳しそうではあります。

ギルチャで相手ギルドさんの説明をしていて、いつもの開始前集合SSを撮り忘れてしまいましたので、今回は前半文字ばかりですw
この日の動員は丁度1PTとなりました。内実はというと先週同様、JuliAnnさん、モロさん、もろさんお休みということで深刻な火力不足です^^;

ひまさんが探知を働かせますが、捜索範囲に敵影なしの報告。城門前に詰めているのか、それとも城門を突破されてからが勝負と見て、内側に詰めているのか。もしくは石畳から外れたところに兵を伏せ、城門に取り付いたところで背後から攻撃するつもりか。戦力差を考えると、相手側にはかなり選択肢が多く存在しますが、カバの側は少ない戦力を集中するのみ。

入り口が開かれ、スタートです。
最初の抵抗に遭遇したのはスタート地点から城門までの中間地点あたり。ここに数名配置されていましたが、それを無視して突破。城門へ向かいます。半数ほどが相手先鋒に捕まってしまったようで、大手門に取り付いた時点ではこちらは3名。城門前で待機していた相手も3名ですが、内側にも人影が見えており、乱戦に持ち込んだところで押し出してくると推測されます。あるいは搦手から予備戦力を出して叩く可能性もあり、右側が気になります。

そこで強行偵察と相手の予備戦力吸引のために右側の搦手へ迂回。後を追ってきたのは剣士さんとWizさん。もう少し多く引き付けておきたかったのですが、あまり乗ってきてもらえませんでした^^;。しばらく様子見の交戦を続けたものの、内側に迂回させる戦力を待機させてるでもなし、右側に増援兵力が現れるでもなしですので、ひとまず大手門へ戻ります。

丁度大手門が開いたので、主力はそのまま直進して正面の拠点を破壊へ向かい、私は左側の拠点へ。戦力差を考えますと、各拠点に守備兵力を配置して金床の役目を負わせ、遊撃の位置に主力火力を配置してこちらの動きに対応して叩くハンマーの役目にするという作戦を取ることも十分可能な筈ですが、なぜか左側の拠点はノーマーク。遅れて駆けつけた支援しようかなさんと一緒に攻撃です。破壊寸前に相手の一部戦力が出てきたものの、構わず破壊。今度は右側へ向かいます。

こちらでは剣士さん2、ネクロさん1と交戦状態になりますが、烈火ばかりで拠点攻撃に移ることができず、拠点から引き離そうにも深追いして来ない為、これは断念。拠点攻撃は諦めて紋章への直接アプローチを企図します。

リアルボ主力部隊が先行している筈なのですが、姿は見えず。訝りつつもそのまま紋章前に出ますと・・・

2PT以上と思われる戦力がそこに詰めてましたw

しかし、ここで引き下がる訳には行きません。テレポで距離を詰めながら、攻撃しては下がるヒット・アンド・アウェイを繰り返して主力が到着するまで時間稼ぎを行います。思い切って紋章裏側へ突入しようかとも考えましたが、足を止めたところで袋叩きになる可能性が高いので、紋章前広場をテレポで移動して牽制のみに止めます。そこへリアルボ主力が到着。(と言ってもそれでも正面戦力比では1/3以下という劣勢ですが^^;)。

ウルさんのコールで紋章に取り付き攻撃に移りますが、何しろ数の差が大きく、むしろ包囲されているのはリアルボのほう。

090621-01

ご覧の通り、完全に逆包囲の状況に陥ってます^^;

そこでまずは包囲網を崩す為に、左サイドの相手に牽制攻撃。ダブスロを行っていたシフさん二人を中心にした戦力を後退させてから、紋章裏側に回り込んだ相手へ火線を集中します。相手のWizさんたちがしっかり回復についていたので些か時間がかかりましたが、ようやくこれを排除。そして2方向からの攻撃を回避したところで、紋章の外へ出て外側の剣士さんたちと交戦。

その間に紋章を削ってもらい、残り時間も僅かとなったところで破壊に成功しました。
相手に抵抗が低い人が多かったこと、城門前と各拠点で積極的な反撃を受けなかったことが勝因でしょうか。

本日のBGM:FOXTROT『A SHADOW OF THE PAST』
別窓 | ポイント戦・攻城戦 | コメント:0 | トラックバック:0 
三匹が斬る?(いや、殴る!)
2009-06-19 Fri 22:34
ポイント戦が行われる筈の木曜日、珍しく開始に間に合う時間に帰宅できたのですが、こういう日に限ってPCが絶不調・・・。

ようやくINできたのは11時半、予定時間を1時間も過ぎてしまってました。当然既にポイント戦は行われた後だろうと思ってましたが、ポイントは0のまま。しかもギルチャで挨拶をしても全く返事がありません。一体これはどうしたことか・・・。

しばらくすると、ユリムさんがPC不調でINできない間臨時GMを預かっているウルさんが登場。ウルさんもつい先程INしたばかりで、予定時刻を大幅に過ぎてしまっていたために誰もおらずポイント戦が実施できなかったとのこと。

ホールでポイント戦の順位を見てみますと、今週はそれほどハードルが高くなさそうな様子。とはいえ、BisとWizの二人ではちと厳しい。せめてあと一人誰か犠牲者が欲しい・・・。

そこへ運悪く登場してしまった男が一人。
勿論、有無を言わさずに拉致です。そして予定時間より1時間半ほど遅れて、3人によるポイント戦が開始されたのでした。

090619-01

第1ステージ:876,480
第2ステージ:2,391,200
第3ステージ:3,406,720
第4ステージ:5,023,840
第5ステージ:5,057,440

第1ステージこそ、速度よりも狩り残しを作らないように気をつけた為か、やや低調だったものの、第2ステージ以降はかなり順調に進めることができました。3人にしては上出来の結果と言えるのではないでしょうか。

昨夜の時点での順位は13位。無事第2ステージへ挑戦できるかどうかは微妙なところです。

本日のBGM:THREE MAN ARMY『A THIRD OF A LIFETIME』
別窓 | ポイント戦・攻城戦 | コメント:0 | トラックバック:0 
基礎条件の変化
2009-06-17 Wed 22:47
公開テストが行われている模様ですが、平日・他鯖のデータ使用という条件ではとても手が出せません・・・。

ということで、自分の目で見た訳ではありませんが、気になった情報がいくつか。

・ギルド補正の上昇

ギルド補正によるステータス+、HP+、CP+が大幅に上昇している模様です。

ステータス ・・・ 新人x10、一般x12、副マスx15、GMx18
HP ・・・ 新人x50、一般x60、副マスx80、GMx100
CP ・・・ 新人x30、一般x40、副マスx60、GMx80

Lvが低いうちは装備条件の問題等で不本意なステ振りを強要されることも少なくありませんから、これである程度は融通が効くようになるかもしれませんね。一方高Lvになると僅かなステータスを稼ぐためにもあれこれと頭を悩ませている人が多いですから、こちらもステの振り方が変わってくる人が出てきそうです。

スティリコはというと、ギルド補正がなくても装備が外れたりしないように素の段階で必要最低限度のステータスは確保できるようにしてますので、あんまり大きな変化はなさそうですが・・・。

・新しいGvMAP

実は何気に気になっているのがこれです。
リアルボは通常のGvは現在休止状態にありますので、仮に実装されたとしても関係ないと言われてしまうとそこまでですが^^;。事情が変わって再開となった場合、すぐに対応できるように装備は整えておきたいと思ってますので。

ソゴム山脈/赤い丘 ・・・ 火0 水0 風0 土0 光0 闇0
バヘル大河/二粒の涙 ・・・ 火85 水85 風55 土35 光60 闇60
デフヒルズ/砂漠の遺跡 ・・・ 火50 水90 風80 土55 光55 闇50
エルベルグ山脈/岩の谷 ・・・ 火75 水75 風75 土35 光80 闇40
ナラダ平原/二つの丘 ・・・ 火50 水60 風70 土70 光50 闇50

ソゴム山脈/赤い丘は一本道になっているみたいですね。フィールド属性低下が全くありませんので、完全に物理向けフィールドでしょうか。もしRSにZOCがあればテルモピュライみたいな戦い方もできそうですが、実際には湿地でのGvでしばしば見られるように正面衝力が大きい多人数ギルドが一方的に押しまくることになりましょうか・・・。

バヘル大河/二粒の涙は、MAP内にポータルが4箇所あるという不思議な仕組み。ポータルの使い方次第では少数ギルドでも大人数ギルドに対して面白い戦いを仕掛けることができるかも。逆にこれを生かせないとかなりストレスの溜まる展開になるかもです。

デフヒルズ/砂漠の遺跡は、平坦な地形の広いMAPのようです。しかもフィールド低下もかなり大きいですので、お互いに職の揃った大ギルド同士の対決には一番適しているように思えます。その分支援職は大変そうですけど^^;

以上三つは実際にINした人の記録があるのですが、下の二つは不明。もしかするとデータだけの状態なのかもしれません。

バヘル大河/二粒の涙とデフヒルズ/砂漠の遺跡の二つは蛇目以上に火・水抵抗が低下しますので、知識職が猛威を振るいそうな雰囲気。装備の弱化合計が上限120%、フラワーシャワーによる低下が姫のSLv80として26%、Gvフィールド低下が火で85%、水で90%までとなりますので、どのフィールドにおいても抵抗90%を確保するには、火抵抗で321、水抵抗で326必要となります。

実際にはGvにおいて姫がスキル装備にするインセンティブがどのぐらいあるのかが謎ですので、一概にここまで必要とは言い切れませんが・・・。しかし逆に知識職優位な条件が整えば、それを支援する花投げ姫の役割がより重要になってきますので、スキル装備にするインセンティブが向上する可能性も高くなってきますね。

これはもう少し考察してみる必要がありますので、また時間がある時にじっくりと書いてみたいと思います。

本日のBGM:DURAN DURAN『SEVEN AND THE RAGGED TIGER』
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 
撃ち合いを挑む
2009-06-15 Mon 23:10
徐々にではありますが、Wizの狩りも進めております。

090615-01

相変わらず時の森第2層です。
これまでは第1層から第2層に入ってすぐ左側を使っていたのですが、最近は右下の広場を使うことが多くなっています。
苦手なガーゴイル系が数匹混ざっていますが、このLvになって苦手なMOBを避けてばかりもいられませんしね。魔法攻撃が全く通じないMOB以外は逃げずに狩りの対象に含めていきたいものです。

そして、狩り方も変えてみました。
キャノンを狩りの主体にして以来、これまではMOBをまとめながら撃っては逃げ、撃っては逃げを繰り返して狩るスタイルを身上にしてきました。が、今回は極力下がることを避け、ヘビー級ボクサーのように立ち止まっての撃ち合いを挑んでいます。

最初に5~6匹釣り、MOBが一匹倒れたらまた新たにその分釣るというやり方で、常に5~6匹のタゲを取って立ち止まっての撃ち合いを行います。回避キャラならばそのぐらいは何でもないでしょうが、敏捷・運無振りWizはほぼ全弾命中ですので、かなりスリルがあります。

SLvを上げ過ぎたアスヒのおかげで何とか死なずに済んでいますが、このスタイルですと、これまで十分と思っていたCPがまだまだ不足していることに気付かされます。移動しない分ラグも頻繁に発生しますので、フォーベガを考えずに素の状態でCP3,000は欲しくなってきますね。

などと遊んでいる間に

090615-02

LvUPです。
なかなか一気にLvを上げていく訳には行きませんが、少しずつでも確実に進めて行ければいいですね。

本日のBGM:THE FLOWER KINGS『BACK IN THE WORLD OF ADVENTURES』
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 
出エジプト記?
2009-06-14 Sun 09:14
ポイント戦では善戦したものの上位には届かなかった為、今週の攻城戦は防衛側です。

しかしながら、もろさん、モロさん、JuliAnnさんが不在という厳しい状況。数的に常に劣勢な状態にあるリアルボとしては、少ない火力を機動と集中で運用する必要があるのですが、これは最早最低限度の火力さえ配置できない雰囲気・・・。

ということで・・・

090614-01

ちょっと見づらいですが、足元罠だらけですw

Lvの高い相手はひまさんとユリムさんに、水門さんには攻撃が当る相手を引き受けてもらって、数を揃えてくると思われる武道に対してはアイリンさんと双子月さんに烈火で時間稼ぎをしてもらうことを期待しつつ、スタートです。

作戦なのか、開始時間になっても相手ギルドさんは前進を開始せずスタート位置に止まったままです。作戦でこちらの不意の突出を誘って一気に押し出すつもりなのか、だとすると逆にこちらから軽く牽制の攻撃をかけて相手の足並みを乱しにいくほうがいいのか、と考えはじめたところで、前線より相手が進軍を開始したとの連絡が入ります。

そして大手門正面で迎撃、ここで時間を稼ぎつつ偵察部隊の合流を待って、と思ったら・・・

相手の先頭が近付くと自動的に城門が開いてしまうというw

まるでモーゼのエジプト脱出の場面を見るようだ、などと感心している場合ではありませんw。何かの事故なのか、誰かが間違えてクリックしてしまったのかは謎ですが、とにかく侵入した相手を追って城内へ。

とはいうものの、相手の一部戦力が通過したところで(これは後続戦力がなかったことからの推測ですが)また城門が閉まった様子で、ただでさえ少ない稼働戦力が城の内外に分断されてしまいます。こちらにあと数枚火力があれば、城門を死守して新たな相手戦力の浸透を阻みつつ、相手先頭部隊を捕捉殲滅というパターンも考えられますが、いかんせん駒不足です。

結局城内の相手を阻止することは敵わず、守備人数の減った城門も後続部隊の突破を許す結果となってしまいました。相手は左右の拠点には手を出さずに一気に紋章に押し寄せてきます。大軍に区々たる用兵は必要なしと言いますが、まさにその状態。

090614-02

柔らかい人や抵抗が低い人を中心に何人かは退却に追い込みますが、完全に数に飲み込まれてしまっています。結局、ほぼ電車道で寄り切られる形で終了となってしまいました。

何をするにしてもまずは数を揃えて正面戦力で相手を圧倒するのが王道。この点を痛感させられる一戦でした。まあ、カバが今後もそうした大動員能力を持つことはまずありえないでしょうが、小所帯ギルドにできることをできる範囲で今後も活動していきましょう。

本日のBGM:DIE IN CRIES『VISAGE』
別窓 | ポイント戦・攻城戦 | コメント:0 | トラックバック:0 
2009-06-12 Fri 22:54
木曜日はポイント戦の日。
結局今週も開始予定時間に大幅に遅れてしまいましたが、何とか2回目のトライには参加することができました。

この時点で、1位~7位までは全て508万点を超えており、ホールLv3への挑戦権を得るためには最低でも508万1,000点を獲得することが必要です。かなり高い目標ですが、僅かな可能性を求めてスタートです。

090612-01

第1ステージ:886,320
第2ステージ:2,402,480
第3ステージ:3,420,160
第4ステージ:5,041,840
第5ステージ:5,075,440

残念ながら、目標とする得点には届きませんでした。
今回も守備側決定です。やはりホールLv3への挑戦権は、そう簡単には手に入りそうにないですね。

とはいえ、第1ステージはやや低く感じましたが(それでもそう悪い点数ではないのですが、何しろ目標数字が高いので・・・)、第2ステージ以降はかなり良い出来だったように思います。
第1ステージでの得点を上げて、第2ステージ以降を今回の調子で進めることができれば、ホールLv3に挑戦できる機会も遠くないかもです。

本日のBGM:paris match『volume one』
別窓 | ポイント戦・攻城戦 | コメント:0 | トラックバック:0 
久方の
2009-06-10 Wed 22:16
最後にLvが上がったのはいつの日か、このままずっとLv695のまま終わってしまうのではないかと思うぐらいでしたが、ようやく

090610-01

Lv上がりました。

なかなか平日は狩りの時間が取れませんし、休日は休日でINしていても長時間狩りをする気が起きず、実は放置している時間の方が長いという状態ですが、資金も尽きてきたことですし、そろそろ少しずつでも狩りの時間を延ばしていこうかなと思ってます。

お世辞にも効率のいい狩りができているとは言えませんので、1Lvを上げるのにも時間がかかりそうですが・・・^^;

本日のBGM:I POOH『OPERA PRIMA』
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 
費用対効果なんて・・・
2009-06-08 Mon 22:47
前回の攻城戦以来、少しでもHPを増やしたいということで装備品の調整を考えていたのですが、今週末にようやく時間ができましたので、早速試みてみました。

とはいうものの、大幅な変更は行わずにあくまでも現在の路線を踏襲です。大幅な変更を行うには手持ちの資金が乏しいというのが何より大きな理由ですけどね・・・^^;
異次元や大きな部位の買い替えをできるようなお金はなく、再構成のためにとっておいた資金の残りで出来る範囲で挑戦です。

090608-01

まず最初に行ったのが指の見直し。

三種異常抵抗、致命打抵抗、ノックバック抵抗、薬回復速度で1~7番目までは埋まっていましたが、浮いていた8番目の指を変更しました。
これまでは当面の措置ということで防御効率のついたタートを装備していましたが、UにはエンチャでHP効率がつきませんので、これを機に変更です。

ですが、スキル1下がった分丸々の火力低下を受け入れるのはやはり厳しい。ということで、攻防を兼ねた要素を持ったものということで、ベースにはクエダブを選択しました。このLvで今時?という声が聞こえてきそうですが、こういう状況になってみますと、なかなか有難い存在だったりします。

そしてかなり苦戦しつつも、HP効率と火抵抗の2OPをつけることに成功しました。

続いて取り掛かったのが、杖のOPの見直し。
元々現在の仕様では水抵抗に多少の余裕があったのですが、指を1箇所クエダブにしたおかげで、更に余裕ができました。ということで、水抵抗を解除し、ここにHPを付け直しました。

090608-02

と書くと簡単なのですが、この杖、恐ろしい呪いにかかっていたのです。

青解除を使って水抵抗を解除し、ジムモリ・エンチャを行うと、ついたのがまた水抵抗。まあ、こんなこともあるかなと思って再度解除~エンチャをすると、また水抵抗・・・。これはきっと何かの悪い冗談だろうと思って再度挑戦してみると、またもや水抵抗・・・・・・。これは悪夢だ、そうに違いない、そう念じて再挑戦、しかし結果は・・・・・・・・・。

そしてめげずにもう一度・・・・・・・・・

またオマエか!

都合5連続で水抵抗がつくという恐ろしさ。かつては水抵抗を付けるために必死にエンチャを繰り返したこともありましたが、その反作用がこんなところで出るとは。この後、3連続で破壊してしまった後、ようやくHP効率がつきましたとさ・・・。

そして更に苦難の途は続きます。

ブローチの健康+OP、Lv7(+17)なのですがあまり有効に生かせているとは言い難いので、これを外してHP効率をつけようと思い立ちます。
水抵抗を外したほうが、と思わなくもないのですが、ブローチは属性抵抗OPの上限が高いので、仕様変更で弱化の上限が撤廃された時の為にこれは残しておいたほうが良いと判断しました。

そして水抵抗を外してエンチャを繰り返しますが、今度もかなりの難産。様々な種類のOPが付くのですが、何故かHP効率だけが付かず・・・。とうとう準備していた資金もなくなり、成功しても失敗してもこれが最後の1回となります。

大きく深呼吸して、いざクリック!

090608-03

健康Lv7くん、お帰りなさい^^

そう、彼は戻って来てくれました。しかも+1成長してw

私が悪かった、もう2度と君を解除しようなんて思わないよ。そう『彼』にそっと囁きかけて、スティリコは静かにハノブの街を立ち去ったのでした・・・。

本日のBGM:WISHBONE ASH『ARGUS』
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 
直線
2009-06-07 Sun 09:10
今回のポイント戦は自分は参加できませんでしたが、何とかぎりぎりで通過、ホールLv2への挑戦権を獲得しました。

守る側のギルドさん、過去に一度攻城戦で当ったことがあったのですが、過去に比べると当然先方のLvは上がっているでしょうし、一方カバのほうは当時の主力が欠けて戦力ダウンの状態。正直、彼我の動員状態次第ではどうなるか分からないと思っていました。

090606-01

スタート時にフィールドにINしたのは7人。
やや火力不足は否めないものの、編成としてはバランスの取れたものになりました。

但し兵を二分する程の余裕はありませんので、まずは全軍で大手門を直撃、門を突破した後は私が単独で突出して紋章を狙って相手戦力を吸引し、その間に他の人で構成する主力部隊が各拠点を順繰りに破壊していくというキャンペーンを企図します。

正面からこちらを迎撃したのは、シフさん1、プリさん1、Wizさん2の4人。どうやら先方も動員に苦慮している模様です。火力差で圧倒して大手門前での相手の抵抗を排除、相手戦力を城内に退けて全力で門を破壊し、内部に突入します。

その後は既定通りの展開。
みんなには正面の拠点から取り掛かるようお願いして、自分はそのまま直線的に紋章に向かいます。その途上でホールから再出撃してきた相手戦力と遭遇。相手が反転してきたのを確認して、紋章前に到着、反転して交戦状態に入ります。

紋章前に相手戦力を拘束している間に、主力部隊は拠点を順調に破壊。更にJuliAnnさんを増援に得て、その勢いのままにスティリコと交戦中の相手戦力の後背を襲います。これで完全に勝敗の帰趨が決まりました。

090607-02

以後はホールから出撃してくる相手の出鼻を叩きつつ、紋章を攻撃。そして攻城戦の最中に電撃加入の支援しようかなさんも戦列に加わって(9人になったので、この時点で自分がPTから外れてます)、そのまま押し切る形での終了となりました。

次回もポイント戦に参加間に合うかどうか分かりませんが、一度はホールLv3に挑戦してみたいですね。(ホール石像のLv3で作りたい箇所もありますし・・・)。

本日のBGM:TYGERS OF PAN TANG『SPELLBOUND』
別窓 | ポイント戦・攻城戦 | コメント:0 | トラックバック:0 
無為の日々
2009-06-05 Fri 22:36
木曜日はポイント戦の予定があったのですが、22時30分の開始時間に帰宅することができず、INした時には既にポイント戦が行われた後でした。

日曜日の事件はリアルボにも影響を及ぼしておりまして、未だINできない人もいる始末。動員能力の低いギルドにとっては、このような予期しない事態でIN率の高い人を取られてしまうのは非常に大きな痛手ですね。戦力うんぬんではなく、1年半にわたって同じギルドで活動していた人が、本人の意思と関わりなくINできなくなってしまうのは悲しいものがあります。

そして、INできない人の分まで残った者が何とか盛り上げていかねばならないところですが、かくいう私も時間に全く余裕がなく、月曜日~木曜日まで全く何もできていない状態です。INして挨拶をして、そのまま寝てしまうばかり。

週末の間に少しは事態が良くなるといいのですが・・・。

本日のBGM:WHITESNAKE『TROUBLE』
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 
再び改善策
2009-06-03 Wed 22:52
このところひたすら火力面に偏重した装備強化を行っていたスティリコですが、前回の攻城戦において、防御軽視の問題が一気に表面化してしまいました。

相手火力が単身ならばある程度余裕を持って対応できるものの、複数の火力から同時に攻撃を集中されると、簡単に防御力が飽和状態を迎えてしまうことが判明してしまったのです。

これは当然と言えば当然で、時の森を狩場に設定している人ならば、少しでも火力を上げる為に色々工夫をしている現在、防御面を現状維持にして火力を強化する道を取れば、相対的に対人戦における防御面は低下するのが道理です。

対人戦における自分の任務に強行偵察や相手戦力の吸引を含める身としては、この事態はかなり深刻です。まあ、このゲームでのWizらしからぬ任務を考慮に入れずとも、火力と支援のLv差が大きいリアルボでは支援職が単身相手火力の正面に立つ場面も珍しくありませんから、やはりある程度の硬さは維持する必要が出てきます。

そこで、改善策なのですが・・・

実はあまり抜本的な解決に繋がる妙案がないという^^;

単純に防御面だけ強化すればいいのならば健康極にしてしまえば話は早いのですが、狩り・対人戦どちらか一方に特化したビルドはそもそもこのキャラクターのコンセプト自体を外してしまいますので、この案は論外。

装備を狩り用と対人戦用に完全に分けてしまうのも上に同じ。狩りと対人戦であまりにも装備が変わってしまうのも、両立の範囲から外れているような気がして抵抗があるのです。現在でも狩り時と対人戦時で換装する装備は、背中(旧アウグ背⇔HP背)と指を3箇所(太極リングx2、決定打抵抗⇔各種異常系抵抗)程度です。

ですので、対人戦特化・装備の換装を除きますと、取り得る対策としては、現在の装備のOPを付け替える程度でしょうか。腰の健康比率の部分を1/3から1/2に再構成し、未だある程度OPの増幅の余地を残す火・水抵抗を一部HP効率に変更すれば、多少は防御面の強化に繋がると思うのですが・・・。

しかしながら、腰の再構成は一回5億。一度で成功してくれればいいのですが、それにしても費用対効果を考えるとかなり厳しいものがあります。

090603-01

と言っても、抵抗とかここまでやってしまうと、今更他の腰に乗り換える気も起きませんしね・・・^^;

当面は魔法のボンドや青解除と格闘するのが優先となりそうです。

本日のBGM:rough laugh『buzz22』
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 
何をするでもなく・・・
2009-06-01 Mon 23:19
平日はINしても時間がないので、何をするにしても土日に依存しているわけですが、昨日の騒ぎは何だったんでしょうね・・・。

まあ、買ったまま読んでない本を消化したりする時間ができたので、それはそれで悪くないのかもしれませんが。(と言いつつ、仮パスワード連絡のメールが来てないかどうかが気になって、頻繁に到着メールをチェックしてたり^^;)

夜になってようやくINできたものの、結局待ち疲れてこの日は何もしませんでしたw

本日のBGM:wyolica『almost blues』
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 
| Wizのうわごと、天使のたわごと |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。