MMO「RED STONE」Black Opalで活動するWizの日記
http://pervenche.blog70.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
ジレンマ
2009-09-20 Sun 12:11
予想していなかったことですが、ポイント戦、20位以内で通過しました。

やはり全体の人口が減ってしまって、十分な活動ができないギルドさんが増えているせいなのでしょうか。運営もようやく重すぎる腰を上げますと宣言したようですが、あの文面だけでは何とも言えませんしね。よほどユーザー離れが深刻になってきてそれが会議の議題として俎上に上げられてしまったのか、第3四半期の締めを迎えて(GameOnは12月決算)数字を稼ぐ必要性に迫られたのかは不明ですが、責任を回避してさも恩恵を施すような姿勢を貫いているのは相変わらず。体裁のいい文章の行間から渋面が垣間見えるような気がします。

閑話休題。

今回は攻城戦が題材ですw

090920-01

カバ軍団の動員は6名。他のギルドさんなら集まりの悪さを嘆くところですが、他のギルドさんとカバ軍団最大の違いは、この人数でも「まあ、普段どおりかな」とみんなが思ってしまえるところでしょうか。やたら行動的な(落ち着きなく動き回る)人が含まれていますので、以前7人しかいなかったにもかかわらず、同数の相手から向こうはこちらの倍以上いたとブログに書かれていたりもして、実数以上に見られることもしばしばですが、実情はこんなもんです。(カバ軍団で2PTを構成した-と言ってもようやく2桁に乗った程度ですが-ことは皆無ではありませんでしたが、内部からの感想を申しますと、通常2PTのギルドの筈がいきなり30人以上の動員を確保した、というのと同じぐらいのインパクトがありましたw)。

人数が人数ですので時間をかけることもなく補助を終わり、当然入り口で阻止を考えるであろう相手ギルドさんを待ちますが、開始直前になっても姿は見えず。もしかすると先方も動員の確保に苦慮しているのかも・・・と考えながら、開始時間を迎えます。

二手に分けるようなことを考える人数ではありませんので、ひたすら大手門へ直進。もし相手ギルドさんの動員が芳しくないようなら、そのまま直線的に突破できるかも、と若干希望的観測を交えて門の前に到着しますと・・・相手ギルドさん、結構沢山いましたね・・・^^;。ざっと1PT半といったところでしょうか。

大手門前での乱戦となりますが、相手ギルドさんの士気が高かったですね。物資を豊富に投入し、人数の優位を生かして圧迫してきますので、門の攻撃に専念できません。すっかり正面衝力を奪われてしまったカバ軍団ですが、ここでウルさんが機転をきかせ、相手ギルドさんが正面の守備に戦力を集結させている隙をついて右に迂回。コールで一気に運んでもらって、守備兵のいない搦手を全力で攻撃します。

一方の相手ギルドさんもこちらが搦手を攻撃していることに気付き、戦力を二分して、門の内側に半数を配備し、半数が背後から攻撃の姿勢を見せます。妨害を受けつつも門の耐久力が残り1/3程度となったところで、相手ギルドさんの作戦なのか単なるミスなのか、いきなり門が開き、つられてこちらの半数が城内に入ったところで門が閉ざされるという状況が発生します。

私も中に入ってしまったものの、引き返して城門を内側から攻撃して外の味方との合流を目指すべきか、それとも城内に入り込んで拠点の攻撃に向かうべきか、一瞬判断に迷いますが、門の内側に待機している相手ギルドさんの戦力を吸引するほうが是と見て独り逆サイドの拠点に向かいます。(纏さんがいなくて1Wizなのに何をしてるんだか、というお叱りを受けそうw)。

相手ギルドさん、二分した戦力のうち主力のアチャさんを含む1PTをこちらに向けてきますが、私も味方の増援を得て、双方の半数が右側の拠点に集まる形となります。こちらが今度は焦点になるのかなと思いきや、膠着状態になっている間に、外側に残された形となったカバ側戦力が搦手を突破して左側の拠点を攻撃・破壊し、更に中央と紋章に向かった模様。相手ギルドさんがこれに対応してこちらに割いていた戦力を徐々に後退させてくれたおかげで、苦戦しつつも右側の拠点の破壊に成功します。これ、最初から意図していたものなら、リデル・ハート先生からマールバラにも匹敵する間接アプローチのお手本と賞賛されるかも知れませんが、全て偶然の為せるものですw

090920-02

そして紋章前での総力戦。これまでの戦闘で、相手ギルドさんの柔らかい人がほぼ把握できていたこと、高Lvらしき方でもBisさんのアーチ・ミラー完全依存で抵抗が備わっていないこと、そのBisさんも少なくとも片方は抵抗がないこと、2PTにWizさんが一人の為に複数が攻撃を同時に受けた場合には対処し切れないこと、というのがはっきりしてきましたので、取り囲まれた状態でも比較的落ち着いた対応ができました。

ネクロさん二人の烈火に苦労しながらも、Bisさん・Wizさんの補助が届く位置にいると全員が花+キャノンの範囲に入ることになってしまい、それを嫌って外に出てしまうと逆にモロさん・クリフさんの狙い撃ちの対象になる、というジレンマに相手ギルドさんを追い込むことに成功します。ウルさんが落ち着いて紋章横に構え、ひまさんが紋章破壊に専念してくれたおかげで戦況はカバ側優勢から勝勢に。相手ギルドさんの抵抗は徐々に下火になり、攻略成功となりました。
別窓 | ポイント戦・攻城戦 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<人海戦術 | Wizのうわごと、天使のたわごと | 残務処理>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| Wizのうわごと、天使のたわごと |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。